免疫学の第一人者が反ワクチン本「偽情報」のカラクリを解説

汚い「手口」の数々をご覧あれ
新型コロナウイルス及びワクチンに関する誤った情報を伝える、いわゆる「反ワクチン本」が跋扈しており、そこではデータの裏付けのない仮説や強引な解釈など、牽強付会の主張が繰り広げられています。3月31日発売の最新刊『新型コロナの不安に答える』(講談社現代新書)著者で、免疫学のエキスパートとして知られる宮坂昌之氏(大阪大学免疫学フロンティア研究センター招へい教授)も、こうした状況を憂慮する一人です。本書の中から、宮坂氏が実際のフェイクニュースの例を取り上げ、そのカラクリを解き明かした部分を抜粋してお届けします。

不適切な引用や印象操作に騙されない

「ワクチン接種者が2年以内に死亡する」「新型コロナワクチンは人口削減の目的のため作られた」といった荒唐無稽なトンデモ言説を見抜くのは難しくありませんが、実際に広がっているフェイクニュースはもっと巧妙でもっともらしいものです。

具体例を紹介しましょう。

「動物全滅!だから実験中止」
イードン博士が欧州医薬品庁(EMA)に提出した嘆願書にはこう書かれている。「動物実験が失敗した(死亡した)主な原因はADE(抗体依存性感染増強)による。これはワクチンにとって深刻だ。たとえばアカゲザルは重篤な急性肺障害に陥った。しかしワクチン接種しなかったサルには見られなかった。マウスの肺には好酸球の浸潤を伴う病変を起こした」

これを読むと新型コロナワクチン開発の動物実験ではADEが発生したかのような印象を受けます。しかし、イードン氏が提出した嘆願書には、次のように書かれています。

「ADEがコロナウイルス一般、特にSARS関連ウイルスで共通に存在する問題であることが多数報告されている。ADEはコロナウイルスワクチンでは重大な問題であり、これが、ワクチン開発がうまくいかなかった主な理由である。たとえばSARSウイルスのスパイクタンパク質で免疫されたアカゲザルがSARSウイルス接種を受けたときには急性肺障害が見られ、一方、ワクチン接種をしなかったサルではこのようなことは観察されなかった」

つまりこれはSARSウイルス(SARS-CoV-1)のワクチンでの話であり、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の話ではありません。しかも、起きていたのは肺への好酸球浸潤であり、何らかの細胞性免疫の異常によるものです。一方、ADEは感染促進性抗体による感染の促進であり、肺炎を悪化させますが、好酸球浸潤などは起こしません。

ということで、これは、開発途中だったSARS-CoV-1ワクチンの問題であり、新型コロナ(SARS-CoV-2)ワクチンの話ではなく、さらにADEの話でもありません。あたかもADEが起きていると誤解するような効果を狙った不適切な引用です。ADEのリスクについては今後も十分注意を払うべきですが、事実をねじ曲げるようなことをしてはいけません。

(Photo by iStock)

また、新型コロナワクチンの臨床試験で使われた実験動物がワクチンの毒性によって異常死を遂げたという事実も確認されていません。

ファイザー社やモデルナ社はワクチンの開発にあたり、新型コロナワクチンを実験動物に投与してその毒性を調べていますが、有害事象による死亡例はみられませんでした。

また、実験動物の各臓器の変化を調べましたが、ワクチンによる明らかな毒性は認められませんでした(※1, 2)。SNSでは、「ワクチン接種された実験用のネズミやネコがすべて死亡した」などの情報が飛び交っていますが、これを裏付ける事実は確認されていません。

(※1)https://www.pmda.go.jp/drugs/2021/P20210212001/index.html
(※2)https://www.pmda.go.jp/drugs/2021/P20210519003/index.html

関連記事