「自分に近い人」を見つけられる 

――『デイジー・ラック』は2018年に佐々木希さん、夏菜さん、中川翔子さん、徳永えりさんでドラマ化されました。

海野 実は、(ドラマでは)最初、女同士の嫉妬みたいなのを入れたいみたいなお話もあったんですが、この話はそういうドロドロした話にはしたくないなと思って。
みんなそれぞれ働いて、日々大変なことばかりでヘトヘトなんだから、たまに友達に会って、愚痴ったりバカ話をしたり美味しいものを食べたりして元気をチャージして明日からまた頑張れる、そんな話にしてほしかったんです。
実際、撮影に入る前にみなさん4人でプライベートのごはん会とかされたそうで、そこで仲良くなったんですよという話を聞いて、すごくほっこりしました。

佐々木希さんがパン職人の楓、夏菜さんがエステサロン勤務の薫、中川翔子さんがカバン職人のミチル、徳永えりさんが主婦のえみを演じた (c)海野つなみ/講談社『デイジー・ラック』より

 

-AD-

――ファン投票で『デイジー・ラック』が1位になった理由は何だと思われますか?
 
海野 それぞれが、自分に近い人を見つけられるとかでしょうか。
私もびっくりしたんですよ。だって、人気なくて打ち切りになった作品ですからね……。
でも、みんなで話題にして楽しむような作品ではなくて、個人個人にじゅわっと沁みるような話だから、「自分の中の大切な作品」にしてくれたのかな、と思います。だったら嬉しいです。

――『デイジー・ラック』は海野さんにとってどのような作品でしょうか。
 
海野 この作品は軽い気持ちでのチャレンジから始まって、打ち切りによる大きな挫折、びっくりのファン投票1位、寝耳に水のドラマ化、と、いろんなものを運んできてくれました
当時は「女子会」という言葉もまだなくて、「30にもなって女同士でつるんで」みたいな感想も目にしたんですけど、結局40になっても50になってもそんなことしてる、っていう(笑)。
その時はあれこれ言われても、気付いたら世の中の方が変わるんだから、自分の思う楽しいことをやっていこう、と改めて思わせてくれた作品かもしれません。

***

海野つなみさんの作品は、「思い当たる節」にビリビリする人が多い。それは、海野さんが「ほんとどんな人でも悩みはあるし、本人にとっては深刻だったりして」と語っていたように、人の数だけ生き方がある前提で、いろんな価値観のある人が描かれているからではないだろうか。だから誰もが「自分らしい人・エピソード」に遭遇するのだ。

さらにその上で弟のように思っていた友人の弟からの強い求愛にときめいたり、職場の職人の先輩に尊敬と恋の思いが混ざったり、「逃げ恥」ドラマでキャッチコピーになっていたような「むずキュン」も味わうことができるのだ。

(c)海野つなみ/講談社『デイジー・ラック』より

『デイジー・ラック』はまだ読んだことのないという人も、「逃げ恥の原点」ともいえるリアルな日常の説得力を是非味わっていただきたい。

『デイジー・ラック』特別版1巻2話まで無料試し読みはこちら【2022年4月30日23時59分まで】↓

↓1巻はこちら!

「4人のその後」も描かれる2巻はこちら↓

Kiss30周年コラボ企画 試し読み付きFRaUマンガ部愛の記事!

1)きみはペット(小川彌生)
2)アイドルを探せ(吉田まゆみ)