野田聖子さんが小児脳科学者・成田さんと語る「がんばらない子育て」

野田聖子×小児脳科学者・成田奈緒子 対談(前編)
成田 奈緒子, 野田 聖子 プロフィール

子どもは早寝早起きさえしていれば大丈夫

野田 子どもが健常であっても、不安はあります。生まれた以上、しっかり育てないといけない。大きくなっても子どものことはずっと心配します。私の場合は息子が障害を抱えているのでなおさら不安です。それが成田先生の言っていることを聞いて、あれ?息子はもしかしたら大丈夫かもと、ちょっとだけ自信を持てました。

野田聖子氏

成田 それは光栄です。私、何を言いましたっけ(笑)?

野田 息子は、早寝早起きなんです。だいたい夜8時半から9時までには「俺、寝るわ」って横になります。息子は夜中にも胃ろうをするので途中で起こしてしまうのですが、朝は6時ごろ勝手に起きてきます。ひとりで居間で何かいろいろやっていて、少し経つと「そろそろ起きなよ」と親を起こしに来ます。成田先生、「早寝早起きだけちゃんとさせておけば、子育てはだいたいオーケー」と主張されていますよね?

成田 そうなんです。本当にそこだけしっかりやれば、脳の成育はほとんど大丈夫です。脳育てには、守られるべき順番とバランスがあります。最初に、寝ること、起きること、そして食べること、からだを適度に動かす。ここを小さいころからやれば、脳はきちんと育ちます。これをやらずに知識を詰め込んだりすると、子どもはパンクしてしまいます。9時に寝て6時に起きるのは、いちばん理想的。完璧です。

野田 専門の先生がそのように早寝早起きをやれば大丈夫だよって書かれていたので、それだけでちょっと自信を持つことができたんです。私たち親子にはたいした取り柄がないけれど、そこだけはずっとやってきたので。

成田 野田さんのおっしゃる通り、早寝早起きがいちばんって言っていいくらい大事なんです。正直申し上げると、障害のあるお子さんはそこが作りにくい方が多いです。どんなに親御さんが頑張って早寝早起きさせようとしても、どうしても夜寝られないし、朝は起きられない。そういう方が多いなか、自然とできちゃったのはどうしてですか?

野田 多分栄養だと思います。先ほどお伝えしたように、息子は胃ろうをしています。そのため規則的に栄養を入れます。世界一栄養のバランスがとれた食事をしているかもしれない。カロリー計算をして、豚肉はこれだけ、青魚はこのくらい、みたいに細かく考えて作ります。夫が板前をしていたので、腕を振るって作ってくれます。

成田 それはだいたい時間を決めてですか?

野田 そうです。朝は7時。お昼は学校にいるので栄養剤ですが、帰ってきて夜5時半ぐらいに3食目。4食目が先ほど申し上げたように夜中の12時半くらいです。一日4回に分けて食べさせます。

成田 それはずっとちっちゃいとき、授乳の時期からですか?

野田 ミルクも定時に入れていました。早寝早起きと食に関しては、パーフェクトなんです。体に優しいものしか食べてないです。余計な添加物もとってないですし、時間も決まっています。それなので、めちゃくちゃいいうんちをするんです(笑)。便秘もないです。

成田 それはすごい。今、5歳児くらいで朝うんちが出る子は本当に少ないんです。食事の時間や質が適切でないのと、早寝早起きをしていないので朝排便させる余裕がないのだと思います。

野田 息子は、わざとなのか流さないんですよ(笑)。それでよくパパに怒られてます。でも、私はそれを見られると、ちょっと下痢気味とか健康状態もわかるので、流さないでいてくれたほうが安心できます。逆に言えば、障害児だからコントロールできるんでしょうね。

成田 私も胃ろうの子のサポートをしていますし、ごはんが自分で食べられない子もたくさん見てるんですけど、なかなか定時できちんとご飯を食べさせるのが難しいようです。子どもの癇癪(かんしゃく)がひどくて、拒否したり、例えば(胃ろうの)チューブを抜いちゃったりとか。そういう子もすごく多いのですが、そういう苦労はありませんか。

野田 うちは一般の家庭とちょっと違う感じで、夫が専業に近い主夫なんです。私はフルタイムで働いて、コロナ前は毎晩会食をしていましたし、昭和のオヤジみたいな生活です。「君はママなんだから、仕事ばかりしてないでたまにはマー君(息子さん)との時間もつくってよ」と言われるのですが、時すでに遅し、という感じです(笑)。なので、息子はいざとなると父親を頼ります。普段はわりと「ママ、ママ」と言うんですけど、具合が悪かったり、機嫌が良くないときはパパになっちゃうんです。普通は逆ですよね。

 

成田 そうなんですね。でも、野田さんのご家族の関係はとてもいいですね。ちゃんと信頼関係がある。寝ること、起きることっていう生活の基本をちゃんとやりさえすれば、子どもはうまく育つんだっていうことを証明していただいてる気がします。

野田 先生にそう言ってもらえると、すごく嬉しい。

関連記事