12球場でもっともホームラン出やすい球場はどこ?

その裏側に見える意外な結果!?
鳥越 規央 プロフィール

得点パークファクターの計算方法

球場によって、得点の入りやすさ・入りにくさも異なってくる。それを示す指標を、文字どおり「得点パークファクター」という。得点パークファクターは、次のような式で求められる。

得点パークファクターの計算方法

{(本拠地球場での得点)+(本拠地球場での失点)/本拠地球場での試合数}/{(他球場での得点)+(他球場での失点)/他球場での試合数}

【式】得点パークファクターの計算式得点パークファクターの計算式

セイバーメトリクスで主に利用されるパークファクターは、実は得点パークファクターである。セイバーメトリクスには選手の貢献度を得点に換算して評価するものが多いため、公平な評価をする際に得点パークファクターによる補正をかけることがあるからだ。NPBの各球場の得点パークファクターは、表2の通りである。

表2 2021年NPB本拠地の得点パークファクター

福岡PayPayドームは、本塁打の出やすい球場ではあるが、得点パークファクターは0.96と、点の取りやすさは他球場とほぼ変わらないという評価である。その理由は、本塁打以外の単打、二塁打、三塁打のパークファクターがすべて1より小さく、BABIPのパークファクターも1より小さいことにある。つまり、他の球場に比べて「出塁がしにくい球場」なのである。

その要因としては、この球場に敷かれている人工芝の衝撃吸収性が優れているため、ゴロ打球の勢いにブレーキがかかりやすく、野手の間を抜けにくくなっているのではないか、と考えられている。

本記事は講談社ブルーバックス『統計学が見つけた野球の真理』を再構成してお届けしました。

 本日19時より公開! 

【データ分析・セイバーメトリクスの第一人者である鳥越規夫×阪神タイガースSpecial Assistant・藤川球児 SP対談】

鳥越さんの分析データから昨年阪神タイガース2位、ヤクルト1位のデータ指標が示す理由やそこから見える阪神タイガースの+指標・伸び代を徹底解析! 球界の理論派として知られる藤川さんも現場目線から徹底討論!

さらにはそこから見える「2022年阪神タイガースの野手キーマンとは!?」「データが示す〇〇選手の飛躍ポイントとは…!?」

ここでしか聞けないデータから紐解くディープな野球談議の連続! 超濃密なSP対談!!

動画はこちらから!

鳥越 規央【野球は数字か? 肌感覚か?】記事一覧

統計学が見つけた野球の真理——最先端のセイバーメトリクスが明らかにしたもの

最新のセイバーメトリクスがもたらした「革命」が野球の未解決問題を解く!

 ■amazonはこちら 

関連記事