2022.04.11
# 日本株

カリスマ直伝…4月からめちゃ儲かる「高利回り&高配当」の「すごい株主優待7銘柄」の全実名

まる子 プロフィール

昨年3月に優待新設を発表したオータケ(7434)の優待もクオカード1,000円。優待銘柄が少ない5月権利でしたので、発表後からの株価上昇もありましたが、権利落ちの下落も凄かったです。

2回目の今年はどうでしょうか。こちらも残念ながら出来高が少ないので、買うタイミング、売るタイミングが難しそうです。

紀文食品に、バルミューダに!

ちょっと気になる優待新設も。

気になる株主優待銘柄
拡大画像表示
 

今年の2月に発表した紀文食品(2933)は、これぞメーカーの優待という王道の優待です。今まで優待がなかったのが不思議な会社ですが、株数を多く持って、ある程度優待品も高額でというのは、送料高騰の今、非常に理にかなっていると思います。

原材料高騰と言われているので、優待で練り製品が届くのは嬉しい限り。初権利が今年の9月で、優待到着が11月下旬予定となっています。内容の詳細はまだ発表されていませんが、季節的におでんの種かなと期待しています。

昨年末に優待新設を発表したバルミューダ(6612)は、デザイン性の高い家電などを販売しています。高価な製品が多く、通常割引販売はしていないようですが、優待は自社ECサイトで使える30%割引クーポン。バルミューダで家電を揃えたい方、贈り物として考えていた方にはおすすめです。

ただ、株価は右肩下がりで、投資対象としては割高な気もしますので、あくまでもバルミューダファンの方、いかがでしょうか。

SPONSORED