歴史書を読み解くと見えてくる、上総広常が粛清された「本当の理由」

歴史家が見る『鎌倉殿の13人』第14・15話
『頼朝と義時』(講談社現代新書)の著者で、日本中世史が専門の歴史学者・呉座勇一氏が、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の放送内容をレビューする本企画。今回は、先週放送の第14話「都の義仲」、昨日放送の第15話「足固めの儀式」をまとめて解説。さまざまな史料や学説を参照しつつ、源氏の棟梁の座をめぐる源頼朝と木曽義仲の対立や、上総広常が粛清された真の理由に迫ります。

『鎌倉殿の13人』の第14話では木曽義仲の入京、第15話では上総広常の粛清が描かれた。権力者となった源頼朝の冷酷さが露わになっていき、その謀略に戦慄する北条義時。歴史学の観点から第14・15話のポイントを解説する。

源頼朝と木曽義仲の対立

『鎌倉殿の13人』第14話のナレーションで説明されたように、木曽義仲は北陸道で平家の大軍を撃破し、京に向かって進軍する。平家は安徳天皇と三種の神器を伴って都落ちし、入れ替わりに木曽義仲・源行家らが入京する。ところが、得意満面の義仲に冷や水を浴びせかける事態が発生する。寿永2年(1183)7月30日に行われた後白河法皇の院御所での論功行賞において、勲功第1位は頼朝、第2位は義仲、第3位は行家とされたのである。頼朝が2年前から密かに続けてきた対朝廷外交の賜物である。

けれども、源頼朝への恩賞は立ち消えになってしまう。罪も許されず、謀反人の立場のままであった。劇中では恩賞の多寡にこだわらない義仲の度量の広さが描かれていたが、実際には怒った木曽義仲が朝廷に猛抗議したのだろう。ここに義仲と頼朝の立場は逆転し、義仲優位となる。義仲は源氏の棟梁の地位を手中に収めつつあった。

しかし、その後、木曽義仲は後白河法皇の信任を失ってしまう。劇中では、義仲が礼儀知らずの田舎者であること、義仲の部下が京都で略奪を行ったことが理由として挙げられている。だが、もう1つ大きな要因があった。皇位継承問題である。

平家に連れ去られた安徳天皇に代わる新天皇は、故高倉上皇(後白河の息子)の2皇子の中から選ぶのが常識的だが、木曽義仲は自身が庇護してきた北陸宮の即位を要求したのである。前回の記事で説明したように、北陸宮は以仁王の遺児である。平清盛が後白河院を幽閉した際、高倉上皇が清盛を恐れて言いなりになったのに対し、以仁王は後白河を救うために決起したのだから、その孝行の念を重視すべきだというのである。

 

けれども、天皇の子である高倉皇子が健在であるのに、それを差し置いて天皇の孫(後白河の孫にあたる北陸宮)を即位させるのは、皇位継承の慣例に反する。そもそも、皇位継承者の決定権は後白河法皇にあり、臣下が口を挟むことではない。木曽義仲の容喙(ようかい)を許せば、後白河院政は有名無実なものとなる。後白河の怒りは想像に難くない。

北陸宮即位を強硬に主張する木曽義仲を納得させるため、8月18日、朝廷は卜筮(ぼくぜい。占いのこと)を行い、その結果として高倉第四皇子の尊成(たかひら)親王を皇位継承者に決定した(『玉葉』)。むろんヤラセである。20日、尊成は三種の神器がないまま践祚(せんそ)する。後鳥羽天皇の誕生である。

9月19日、後白河法皇は参院した木曽義仲に対して自ら御剣を渡し、平家追討を命じた。翌日、義仲は西国へと出陣する(『玉葉』)。後白河院が義仲を疎み、体よく京都から追い払ったのである。

この間隙をついて、源頼朝は朝廷に接近する。頼朝は莫大な引出物を後白河法皇らに贈り、東国の年貢を京都に納めることを約束する。これに喜んだ朝廷は10月9日に、頼朝を従五位下に復位させている(『玉葉』)。これは謀反人扱いの解除を意味する。さらに10月14日、頼朝に「寿永二年十月宣旨」を与え、東海道・東山道の行政支配権を認めた。

東海道・東山道には、甲斐源氏が押さえる甲斐・駿河・遠江、美濃源氏の美濃、近江源氏の近江なども含まれている。源頼朝の直轄支配領域外にも頼朝の権限が認められたことで、頼朝は甲斐源氏らの上に君臨することが公認された。

源頼朝はもともと宣旨の対象に木曽義仲の勢力圏である北陸道を加えるよう要求していたが、後白河法皇は義仲の怒りを恐れて北陸道を削除した。とはいえ、義仲のもともとの本拠地である信濃国は東山道に含まれる。義仲が実効支配している国が頼朝の管轄下に入れば、義仲は頼朝の下位に位置づけられる。寿永二年十月宣旨を頼朝が欲した最大の理由は、義仲ら他の源氏に対して優位に立ち、源氏の棟梁としての地位を確立することにあった。

寿永二年十月宣旨に木曽義仲は激怒し(『玉葉』)、義仲と後白河法皇の関係悪化は決定的なものとなる。後白河院からの上洛要請を受けて、源頼朝は弟の義経を京都に派遣することにした。事態は急速に緊迫の度を増していった。

関連記事