ついに来た! 1ドル135円で日本は韓国・イタリアより貧しい国に

これがアベノミクスによる没落効果
野口 悠紀雄 プロフィール

アベノミクスの円安政策が日本を没落させる

アベノミクスが始まる直前の2012年、日本の1人あたりGDPは、アメリカとほとんど変らなかった。そして、韓国は日本の51.8%、台湾は43.2%でしかなかった(図表2参照)。

図表2  1人あたりGDPの推移

注:IMFの資料により筆者作成

それから10年たって、上記のように、この関係は大きく変ったのだ。

 

アメリカの1人あたりGDPは、日本の1.73倍になった。そして、すでに見たように、韓国と台湾の1人あたりGDPが、日本とほぼ同じになっている。アベノミクスがもたらしたものが何であったかを、これほど明確に示しているものはない。

企業の時価総額世界ランキングでも、日本のトップであるトヨタ自動車(第41位、2286億ドル)より、台湾の半導体製造会社TSMC(第10位、5053億ドル)や、韓国のサムスン(第18位、3706億ドル)が、いまや上位にある(2022年4月13日現在)。

日本の凋落ぶりは明白だ。

関連記事