2022.05.10

ゲッターズ飯田が指南、「不機嫌な人」にも動じない「メンタル強者」になるワザ

自分がご機嫌でいればいいんだ
芸能界で一番有名な占い師であるゲッターズ飯田さん。彼の「原点」とも言えるエッセイ集が話題を呼んでいる。日常生活やビジネスの場面においても「指針」をくれると話題の書籍『ゲッターズ飯田の占いよりも大切な話 ただそう思っただけ』から、ゲッターズ飯田さんが考える「不機嫌な人との向き合い方」について、一部編集のうえ紹介しよう。

ご機嫌でいればいい

命に関わること以外で、そんなに簡単に怒る必要はない。

周囲に「ご機嫌とり」が現れたら、その人はお終いだなと思う。

時々見ることがある。

その人の機嫌を損なわないように全体が動くシーン。

怒るから。怖いから。

全員がビクビクしながら仕事をしたり、集まったりしている。

その人のご機嫌をうかがいながら。

Photo by iStock
 

「自分も気を遣わないから、そちらも気を遣わなくていい」

「機嫌が悪いことを表現するなら、こちらも機嫌が悪いことを表現していい」

それがルールなら、それでもいい。

自分の「機嫌の悪さ」を出す多くの人は、「自分の不機嫌は出していいが、他人の不機嫌は嫌」が多い。

それはルールがおかしいから。

そんな人はドンドン周囲から浮いてくる。ドンドン孤独になる。

お金があるうちはいいけれど、お金や権力がなくなると、周囲から人はいなくなる。

でも気づかない。自分が気を遣われていることに。

それが当たり前だと思っている。

「自分に周囲が気を遣うのが当たり前で、ご機嫌をうかがわれて当たり前」

そうなったら人はお終いです。

SPONSORED