2022.05.03
# 日銀 # 為替

日銀に呆れ声…黒田総裁の“失言”を帳消しにする「神風」も、長くは続かないワケ

「ニューヨーク株急落」の背景にあるもの

市場関係者は、驚きを通り越して呆れている

日銀の黒田東彦総裁の失言になりかねなかった頑な「金融緩和策の継続発言」で一気に進んだ円安の危機が、ニューヨーク株急落という“神風”によって帳消しになった。

黒田日銀総裁/photo by gettyimages

今回の急落を受けて、米連邦準備理事会(FRB)が日本時間の5月3、4日に開催される連邦公開市場委員会(FOMC)にて決定する構えを見せていた「金融引き締め」の加速を思いとどまり、円安の原因となる日米の金利格差の拡大ペースが鈍るのではないかとの観測が浮上。円相場がひと息ついたのである。

あのまま円安が進んでいれば、黒田総裁の発言が大きな失言として厳しい批判を浴びる事態になりかねなかっただけに、ニューヨーク株急落は、黒田総裁にとって蒙古軍の襲来から鎌倉幕府を救った“神風”のような役割を果たしたとも言える。

しかし、週末になって、冷静さを取り戻した市場関係者たちの声を聴く限り、FRBが金融引き締め策の強化を思いとどまる可能性はあまりないという。

 

事態は緊迫したままであり、遠からず、円相場は次の節目とされる1ドル=135円台を伺う動きを再開してもおかしくない。

「皆もう驚きを通り越して、呆れています。黒田さんにしてみれば、デフレ経済からの脱却に長年拘ってきたにもかかわらず、起きているのは悪い円安だ。一向に成果が上がらない中、残された任期もわずかとなり、もはや引っ込みがつかないということなんでしょう」――。

先週木曜日(4月28日)の金融政策決定会合後の記者会見での黒田総裁の発言を、こう評したのは、筆者の取材に応じた外資系証券会社の幹部である。

確かに、日銀の金融緩和策への拘りが日米の金利格差を拡大して急激な円安を招いているとの批判は、日増しに高まっている。それにもかかわらず、会見での黒田総裁は頑迷そのものに見えた。

「現在の強力な金融緩和を粘り強く続けていくことが適当だと考えている」と、姿勢を変える考えがまったくないことを改めて強調したからである。

それどころか、日銀はこれまで必要に応じて実施してきた「指し値オペ」や「連続指し値オペ」を、明らかに応札が見込まれない時を除いて毎営業日行う、という新たな方針も打ち出した。

この点についても、黒田総裁は「金融・資本市場の一部で、指し値オペ実施の有無から日銀の政策スタンスを推し量ろうとする動きがみられたため、そうした臆測を払拭して日銀の従来のスタンスを明確にすることが、市場の不安定性を減じることにつながると考えた」と、市場関係者が日銀の金融政策変更の可能性を推測することすら許さないと言わんばかりの“傲慢”な主張を展開したのだった。

 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
SPONSORED