2022.04.29

病、獣、女…妖怪・怪異は何をあらわし、人々は何を恐れてきたのか?

なぜ名前を付け、絵にしてきたのか
飯田 一史 プロフィール

女性は妖怪に、男性は神になるというジェンダーの非対称性

――「病気の原因を怪異として描くのは、病いが恐怖の対象だからだ」という理屈で考えると、女性が社会的・身体的に弱い立場なのであれば嫉妬心を募らせて蛇になって出ようがこわくないはずでは、という気もしますが、いかがでしょうか。

安井 普段は弱く、劣位な存在と見なされていても、何かが起こったときに、妖怪に変身して爆発的に力を発揮する、潜在的に恐ろしい力を持つ二重の存在として捉えられていたのだと思います。類似したものに、太平洋地域に伝承されているヴァギナ・デンタータの伝承が見られます。歯のある膣を持った女性の妖怪で、性交すると男根を食いちぎったりする。つまり男性から見た場合には、魅力的な外見と去勢の恐怖が併存している存在です。

こういう造形は、物語の作り手が男性だったからこそ生まれたとも考えられます。日本でも物語を作る主体が基本的には男性中心であり、恐怖の対象としての女性の二重性が描かれてきた、と言えるかもしれません。

――言われてみれば、不遇の男が男性に対して蛇になって出たとか、美男子が実は……みたいなタイプの有名な話があるかというと、それほどパッと思いつきませんね。平将門や菅原道真は怨霊ではありますが最終的には祀られて「神」になっていますし。

安井 菅原道真を左遷に追いやった藤原時平が病いに伏しているとき、二匹の蛇が時平の耳から出てくる場面が『北野天神縁起』に描かれています。蛇は僧に回復のための祈祷をやめるように脅し、時平は亡くなります。蛇は道真の怨霊で、死霊でもある。男性の怨みも強力な怨霊という形で表現されています。

[PHOTO]iStock
 

――なるほど、そうですか。国際日本文化研究センターの怪異・妖怪画像データベースを使うと、名前に「婆」の字を持つ妖怪はいるが、「翁」「爺」などの字をもつ妖怪は「花咲か爺」くらいでほぼ見いだせない、という指摘もありました。

安井 老年女性は山姥などの「妖怪」として描かれる一方で、老年男性である「翁」は神的な存在に近いと位置づけられています。妖怪をジェンダーの視点から考えてみると、妖怪を創り、享受してきた時代の人々の、女性に対する否定的な意識が現れている、と言うこともできるでしょう。

妖怪の大半はわざわざ性別を問わないものでしょうが、たとえば鬼は勇壮で筋骨隆々なイメージで描かれることが多かったために男性だろうと捉えられているでしょうし、大きな男根をぶら下げた化け狸などもいます。また、明らかに女性である妖怪としては、妊娠・出産の途中で非業の死を遂げたウブメ(産女・姑獲鳥)などが挙げられます。

SPONSORED