2022.05.02

43歳主婦が青ざめた…「リボ払い」を使って驚いた「高額の支払い」

「繰越残高」が50万円以上に…

テレビのCMやダイレクトメールなどでよく見かける「リボ払い」。月々の出費を低額に抑えられる反面、仕組みを理解して利用しないと支払いが追い付かなくなり、大変な事態に陥ってしまいます。ファイナンシャルプランナーの長尾真一氏が、実際に相談を受けた事例をもとにリボ払いの実態について紹介します。

便利だと思っていたリボ払い

兵庫県神戸市に暮らす上野洋子さん(43歳・仮名、以下同)は、夫の健太さん(45歳)と長男(17歳)、次男(15歳)、三男(12歳)の五人家族です。大手メーカーで働く健太さんはお金のことに無頓着なので、家計の管理は洋子さんに任されています。

高校2年生を筆頭にした3人の息子の学費や塾代、部活の費用など、年々子どもに掛かる費用が増えていて、洋子さん自身もパートで働いていますが、毎月の家計はかなりギリギリでした。

Photo by iStock
 

そんなある日、利用しているクレジットカード会社から「お得なキャンペーンのご案内」というDMが届きました。中身を読むと定額リボ払いの案内で、登録すると最大1万円のキャッシュバックが受けられるという内容でした。

特に洋子さんが目を引かれたのが、定額リボ払いでは「毎月の支払額が一定になる」という一言。塾の夏期講習の費用など、今まで急な出費があるたびやりくりに苦労していた洋子さんは、「これはいい」と思って申し込むことにしました。

SPONSORED