平壌に80階建てのタワマンと階段式住宅街が完成…「よど号グループ」から届いた「北朝鮮最新住宅レポート」

またも夜中の軍事パレード

北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の平壌(ピョンヤン)で暮らす「よど号グループ」から4月24日夕方にメールが届いた。「4・25、朝鮮人民革命軍創建90周年、盛大に慶祝されるようです。閲兵式もあるようですね、今晩あたり…?」と記されていた。

「朝鮮人民革命軍」とは現在の「朝鮮人民軍」の前身で、金日成主席が創設して抗日闘争を行なった武装組織のことだ。

午後10時から始まった軍事パレード(「労働新聞」ウェブサイト)
 

深夜の軍事パレードは、2020年10月から今回が4回目。韓国軍などは、25日午前0時から金日成(キム・イルソン)広場で、約2万人を動員した歴代最大の軍事パレード(閲兵式)を実施するとみていた。それが実際には25日午後10時開始になったのは、降雨の天気予報が出ていたからだろう。

降雨で開始時間が遅れた軍事パレード(2008年9月9日撮影)

これまで私は、何度か軍事パレードを撮影している。2008年9月では、午前10時の開始と伝えられてホテルで待機していたものの、雨が降ったために午後6時からになったということもある。

軍事パレードを終えた北朝鮮。次の国際社会の関心は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験と核実験がいつ行なわれるかだ。

関連記事