「8560万円」で注文住宅を計画も、年収1400万夫婦が頭を抱えた「想定外の費用」

秋山 芳生 プロフィール

注文住宅を建てる際は、まず土地を買うため、つなぎ融資でローンを組まないといけないケースがあります。建物部分のローンは建った建物がないと担保がとれないので住宅ローンを組むことができないからです。

つなぎ融資は建物が建つまでの期間限定の融資になるので、金利が高く約2%となりました。借りてから9ヵ月後に家が建つ予定で、その後は低金利の住宅ローンを借りてつなぎ融資分を返済する想定でした。

 

住宅購入の際の「4つの問題」

住宅ローン審査も通り、問題なく土地と家が手に入ると思った矢先、Aさんには大きく4つの問題が起こってしまいます。

1つ目は、購入した土地に問題があったことです。購入後に行った地盤調査の結果、昔は河川が流れていた場所でその上に盛土によって土地ができた場所だとわかりました。地盤調査のドリルは抵抗なくどんどんと掘り進んでしまったそうです。

関連記事