2022.05.07

「ペアローン」を組んだ後に夫が浮気…30代妻を悩ませた「離婚以外」の問題

秋山 芳生 プロフィール

最終的には両親にマンションを買い取ってもらい、両親へ返済していくことになったそうです。元夫に対しては、今まで住宅ローンを支払ったことによる持分を放棄してもらうことと、養育費を相場より多めに払ってもらうことを条件に、残りの住宅ローン分の支払いを求めることは無くしたそうです。

十分な余力を持って検討する

住宅価格が高騰しているなか、共働き世帯が多くなると、一見「ペアローン」というのは住宅購入の選択肢として有用な手段に思えてきます。しかし、VUCAの時代と言われますが、これは経済環境や社会環境などの大きな変化だけでなく、日々の生活の中でも不測の自体や想像もしていなかった変化は起こります。

当初想定していた夫婦での共働きが、永続的にできなかったり、病気や怪我、景気や就労状況などによっても続けられなくなったりすることがあります。ペアローンは夫婦が力を合わせて「借りられる最大値」である可能性があります。住宅を購入する場合は、十分な余力を持って先々のシミュレーションをしっかりとしてからが良いでしょう。

(※本稿は相談者のプライバシーへの配慮の観点から、事実を再構成しています)

 

関連記事