東日本大震災の津波で74人の児童が亡くなった(うち4人は現在も行方不明)宮城県石巻市の大川小学校。避けられない自然災害と思われた死は一転、人災の疑惑が持ち上がり、遺族たちは学校に「子どもの最期を知りたい」「本当のことを教えてほしい」と訴えた。
学校や市教委による保護者説明会は10回にも及んだが、納得のいく「真実」は得られなかった。苦しみぬいた遺族らは「その日何が起きたか」を知るため裁判を起こす決断に至る。その過程はドキュメンタリー映画『生きる~大川小学校津波裁判を闘った人たち~』に描かれており、学校や行政のずさんな説明、まるで事実を隠匿するかのように見えるふるまいは、遺族だけでなく、見ている私たちまで胸が塞がる思いにさせられる。

真実を知るために遺族らは裁判を起こした。撮影:飯考行

『約1分で避難できたのに』74人の児童はなぜ校庭で待たされ、津波に呑まれたのか」という記事では、なぜ学校や教育委員会は、真実を隠し、嘘の説明を重ねたのか。ドキュメンタリー映画『生きる~大川小学校津波裁判を闘った人たち~』の内容とともに、遺族らが裁判を起こす悲しい理由をお伝えした。今回は明らかに人災といえるはずのこの裁判を専門家が「難しい」と判断した理由についてお伝えする。

「『約1分で避難できたのに』74人の児童はなぜ校庭で待たされ、津波に呑まれたのか」はこちらから。
-AD-

「勝てる見込みなし」を勝訴に導いた弁護士

裁判では原告側が勝訴する。事実だけを丹念につないだ映画を見れば、当然の結果と感じるであろう。だが法律のプロである原告の弁護士は、勝てる見込みのない裁判だったと言う。裁判所や弁護士と、私たち一般市民の見方はいったいどこが違うのか。法律は一般市民のためのものではないのか。大川小訴訟の遺族側の代理人吉岡和弘氏と齋藤雅弘氏を、「法律の世界でイノベーションを起こして新しい境地を切り拓いていく」「画期的な判決を勝ち取られた」弁護士と評するのが、一橋大学大学院法学研究科教授角田美穂子氏だ。大川小訴訟判決の何が画期的だったのか。大川小の訴訟判決についても記されている角田氏の編著書『リーガルイノベーション入門』からひもといてみよう。

『リーガルイノベーション入門』(角田美穂子・フェリックス シュテフィック共編著/ 弘文堂)