2022.05.06
# 野球

伝説の「完全試合」投手・外木場義郎が、監督に「干されて」から復活するまで

プロ野球・裏面史探偵(17)

広島の「レジェンド・オブ・レジェンド」

プロ野球が1950年に2リーグに分立して以降、ノーヒットノーランを3回(うち完全試合1試合)も達成したのは元広島の外木場義郎だけである。この偉業が認められ、2013年にエキスパート部門で野球殿堂入りを果たした。

1975年には最多勝(20勝)、最多奪三振(193個)、沢村賞などに輝き、広島の初優勝に貢献した。優勝を決めた10月15日、東京・後楽園球場での巨人戦、勝ち投手となったのも外木場だった。

広島において、オールドファンの間での外木場人気は今なお絶大である。初優勝への貢献もさることながら、万年Bクラスと呼ばれたチームを長きに渡って支えたからである。

まさに広島では“レジェンド・オブ・レジェンド”と呼ばれるほどの存在の外木場だが、もし監督が交代しなければ、彼はチームを追われていた可能性が高い。そうなっていれば75年の初優勝も完全試合を含む3回のノーヒットノーランも幻に終わっていただろう。人間の運命とは分からないものである。

Photo by iStock
 

外木場は電電九州から64年9月に広島に入団した。都市対抗野球が終わってからの入団だったため、この年は2軍戦でしか投げていない。

翌65年10月2日、外木場はプロ2度目の先発で、阪神相手に初勝利をノーヒットノーラン(1四球)で飾る。ノーヒットノーランでの初勝利はプロ野球初の快挙(2人目は中日の近藤真一)だった。

関連記事