2022.05.18
# 勉強

「9浪早大卒」が8浪までやっていた、真似してはいけない「ダメ勉強法」3選

僕の失敗を「反面教師」にしてほしい
濱井 正吾(9浪はまい) プロフィール

本質を学ばないと結果は出ない

暗記が点数につながりやすい日本史ですら、取れる点数は限られています。

Photo by iStock
 

7浪目の時、成績が同じくらいだった1浪の学生と日本史の同じ参考書だけを一年間ずっと一緒に回したのですが、普通科ですでに通史を勉強していた彼と、高校時代に20ページしか日本史の教科書が進んでいない私との差は歴然で、彼はセンター試験で90点、私は61点と大きな差ができてしまいました。

参考書はそれ単体では意味をなさず、もともと頭の中にある理解を促進させるための副次的な位置付けでしかないのです。

私は堅苦しい教科書の理解を怠って、より「楽に学べそうだから」、「すぐに結果が出そうだから」と参考書に手を出してしまったがゆえに失敗してしまったのです。きっと、同じような落とし穴にはまってしまう人は多いでしょう。

どの仕事でも、この考え方は自身の成長を阻む原因となります。プレゼンの本を読んで小手先の技術を身につけたところで内容がなければ見向きもされませんし、営業の本を読んで表面的な話術を身につけたところで人間的な魅力や商品に対する理解がなければ契約は成立しません。

本質を掴まなければ、結果は生まれないのです。

・同じ場所で勉強する

「勉強は静かな場所で集中してやるべきである」と私もずっと思っていました。

実際、私は9浪目の最後の1年、毎日同じ自習室で朝から晩まで静かに勉強して合格を勝ち取っています。「なんだよ、結局そのやり方が有効じゃん!」と言われるかもしれませんね。

いえ、これは結果的にそうなっただけです。私がここで勉強を続けられた理由は、課題やテストを予備校側が次から次へと与えてくれたことと、「現時点でこの到達度の人は例年早稲田大学に入れている」という数値的な根拠を予備校が示してくれたことが大きく、退屈な自習室を飽きさせない、明確な動機付けを持たせてくれたからです。

本来、勉強はいろんな場所でやるべきなのです。8浪目までの私は、いつも予備校の自習室で1時間勉強をするたびに集中が切れ、頭に文章が入ってこなくなっていましたからね。

SPONSORED