TOP
>
連載
>
灘→MIT卒の起業家が語る「新しい教育論」
>
灘→MIT卒の起業家が語る、「問題児」が許容されるMIT学生の壮大な”いたずら”
2022.05.14

MIT卒起業家の新しい教育論・前編

灘→MIT卒の起業家が語る、「問題児」が許容されるMIT学生の壮大な”いたずら”

灘→MIT卒の起業家が語る、「問題児」が許容されるMIT学生の壮大な”いたずら” バック・トゥ・ザ・フューチャーを模して構内で行われたハック(いたずら)。MIT「Hack」公式サイトより 画像ギャラリーを見る→

問題児であることが推奨される

ハックは非公式に学校がOKにしていますが、学内の警察であるMITポリスが見つけたら取り締まります。

前田さん自身がHackで行った、屋上探索のときに撮った写真。写真/著者提供

新入生にハック場所を案内をする100人規模のツアーでは、主催者がMITポリスの無線を傍受して、それを聞きながら見張りがいるところを避けつつ、本来行ってはいけないところを紹介するという念の入れようです。      

捕まったとしても、MITポリスも「ハック」と知っているので、一番近い出口に案内され「ここから帰れ」と言われる程度です。非公式にいたずらの文化が容認されていて、見つかっても厳罰には処されません。

こういったことは、MITでは問題児が許容されていて、むしろ伝統として推奨されていることが分かる、象徴的なエピソードだと感じました。

日本では「危ないのでやめなさい」と言われるようなこともMITでは許容されているところがあります。

SHARE
Facebook
Twitter
URLコピー
AUTHOR
前田 智大

株式会社Mined CEO, Co-Founder

灘中 →灘高→MIT電子工学部→MIT Media Lab修士

2020年8月に株式会社Minedを創業、オンライン学習サービス『スコラボ』を運営。

RELATED ARTICLES

関連記事