2022.05.30

ベテランマンガ編集者が、ウェブトゥーンに(縦読みマンガ)の世界に飛び込んだワケ 武者正昭×江上英樹

ウェブトゥーンが現在ほど注目される前から、マンガ業界で長く経験を積んだあとでウェブトゥーンに携わっていた編集者がいる。

小学館で少年マンガ、少女マンガ、青年マンガ、マンガアプリなどを渡り歩き、『うしおととら』などを立ち上げたことで知られ、2018年5月から2021年末までcomicoの編集長を務め、現在はクラッパーズ社にてウェブトゥーン事業を準備中の武者正昭氏。

同じく小学館にて「ビッグコミックスピリッツ」編集部を経て2003年に「月刊コミックIKKI」を創刊して2014年の休刊まで編集長を務め、2016年から韓国のウェブトゥーンスタジオYLABに編集者として加わり、YLAB JAPAN代表に就任して東村アキコ『偽装不倫』などの国産ウェブトゥーンを編集、同社解散後は自身の会社「部活」で松本大洋『東京ヒゴロ』などの話題作を手がける江上英樹氏。

日本のマンガ業界とウェブトゥーンを両方経験したふたりに、マンガとウェブトゥーンは何が違うのか、日本発のウェブトゥーン隆盛のための課題は何かについて訊いた。

[PHOTO]iStock
 

なぜベテランマンガ編集者がウェブトゥーンに誘われたのか

――ふたりがウェブトゥーンに関わることになった経緯から教えてください。

江上 僕は2014年に「月刊コミックIKKI」休刊とともに小学館を辞め、そのあと2年間はブルーシープという出版社をやっていました。その過程で竹熊健太郎さんの紹介で尹仁完(ユン・インワン)さんと知り合い、2016年に彼の会社YLABに参画することになったんですね。

ユンさんは日本で「サンデーGX」連載の『新暗行御史』などのヒット作を作ったあとでソウルに戻ってウェブトゥーンの会社を作った。それがYLABです。ユンさんは日本のマンガ業界に長くいたから「ウェブトゥーンの世界には日本のマンガ編集者のように作家と二人三脚になって作品づくりをしてくれる存在がいない。でも必要なんじゃないか」と思っていたんですね。僕は以前から世界のいろいろな国で読まれる作品を作りたいと思っていましたから、意気投合してYLABがNAVERウェブトゥーンへ提供する作品制作への参加を決めました。

具体的にはたとえば『復活する男』と『テロマン』を、連載が始まる前から週1回Zoomで日本と韓国をつないで原作者と毎週ネームを元に打ち合わせしています(今だとこのふたつの作品はLINEマンガでも配信されています)。ただ僕が関わったのは最初の20話くらいまでですね。

そのあとユンさんが「日本でもウェブトゥーン制作をしたい」ということでYLAB JAPANを立ち上げたときに雇われ社長に就任し、東村アキコさんの『偽装不倫』などの制作を担当しました。ただ2年くらいやってお互いに思うところがあって僕はYLAB JAPANを辞めて独立し、ユンさんはLINEマンガにCCOとして加わりました。

武者 僕は小学館で少年誌、少女誌、青年誌等々を渡り歩き、「リソースが足りないので協力してください」と言われてマンガワンに2年ほどいて、そこでマンガアプリを初めて経験しました。そのあと退職してcomicoに最初は編集長として招かれ、のちに代表取締役になります。誘われた理由は「comicoは若い編集部で作家にも編集者にも経験値が乏しく、いろいろ教えてくれませんか」というものでした。ウェブトゥーンをやったのはそこが初めてでしたが、違和感なくできましたね。約4年やり、今はクラッパーズという会社でまたウェブトゥーンをやろうと取り組んでいます。

SPONSORED