2022.05.28

1億円稼いだ「伝説の人」が教える…めちゃ稼げる「ライブ配信」のスゴすぎる世界

主婦、学生、サラリーマンも…!
福岡 みなみ プロフィール

ライブ配信ではアイコンも、配信画面も、アプリで加工し放題。もし見た目が気になる場合は、フィルターをつけたり、目の大きさや鼻の太さを変えたり、肌を綺麗に見せたりすれば、誰だって簡単に可愛く(またはイケメンに)なれます。実年齢だって、自分が言わなければリスナーにはわかりません。

ライブ配信は仮想現実の世界。自分が「なりたい自分」になれる場所なんです。

なりたい自分になれる photo/iStock
 

ライブ配信の魅力は近い距離感

ライブ配信は、ライバーのお家とリスナーのいる場所を繋げる窓。私はそんな風に捉えています。リスナーは数多ある配信ルームの中から見たいルームを選び、入室します。こちらからはリスナーさんの顔が見えないけれど、向こうからは私が見える。私の部屋をみんなが覗いているような感じですね。

ライブ配信に参加しさえすれば、どんなに遠くにいても一瞬で繋がることができます。

例えば、アメリカにいるリスナーも、コメントをすれば日本にいるライバーと気軽に会話することができる。しかも、ライブ配信はライバーと画面との距離が近いので(スマホ画面いっぱいにライバーの顔が映し出される)、実際に会っているような感覚になります。

この「距離感の近さ」がライブ配信の一番の魅力と言えるでしょう。

SPONSORED