2022.05.23

円安直撃のいま「輸入に頼りっきり」の日本が、V字回復できる「唯一の方法」

岐路に立つ日本経済
週刊現代 プロフィール

「物価が上がらないように無理やり円高にすれば、ドル建ての価格が上がって企業の競争力が低下、利益が減少する。これは雇用の減少を招きます。円高になっても新しい産業が生まれる保証はありません」(経済学者で日本銀行政策委員会審議委員も務めた原田泰氏)

第一生命経済研究所の永濱氏も「金融引き締めは景気を悪くするために行うもので、アメリカのように経済が過熱しているときにこそ実行する意味がある」と考えており、「日本で引き締めを行うと、コロナで借金を抱えているような中小企業の資金繰りが厳しくなってしまう」と予想する。

Photo by iStockPhoto by iStock
 

結局のところ、為替が円安だろうが円高だろうが、日本経済全体が力強く成長できれば、国民の生活は安定する。重要なのは、このような状況下において、政府や企業がどのような成長戦略を立てるかだ。

すかいらーく創業者の一人である横川竟氏は、「この30年、日本はインフレも賃上げもない異常な経済状態だった」と振り返る。

「異常な低価格戦略が続いたため、安くないと売れないという思い込みにとらわれてしまった。なんでも安く仕入れようとするので、世界からも相手にされなくなっている。

私自身、タイで買い付けをしようとしたときに、『日本の価格は安すぎて厳しい。中国相手のほうが高く売れる』と言われて愕然としました。

外食産業も、ここに来てインフレの傾向が出てきたからと言って、大騒ぎするのではなく、付加価値のある新しい商品を生み出したうえで価格転嫁する必要があります

政府も『食料の海外依存度が高い』と知りながら、どうすれば国内生産が高まるか根本的な議論をしてこなかった。目先のことにとらわれず、百年の計を立てて問題を解決すべき時です」

SPONSORED