2022.06.08

会社員の「年金」と「退職金」が減る…? 「企業年金」を誤解した人がハマる「ヤバすぎる落とし穴」

「老後マネー」に広がる、大いなる誤解

日本生命が企業年金の利回りを下げるというニュースがこの4月に話題となった。ところが、これをきっかけにネット上に誤解が広がっていたので、今回、これを正したい。こうした誤解は、老後資産形成にも影響する話なので、不安を抱えている方は、これをきっかけに正しい知識を身につけてほしい。

まずはどんな誤解だったのかから説明していこう。

あまり一般にはなじみのない商品なのでミスリードしている人も多かったように見受けられる。

いくつかニュースとなっている記事をまとめると、こんな感じだ。

・日本生命は企業年金向け商品の予定利率を引き下げる
・現行が年1.25%のところ、年0.50%に下がる
・2023年4月から実施
・会社員の退職金(企業年金)に影響が懸念
・確定拠出年金(企業型)への移行が進むだろう

これを受けて、一般の反応としては、こんなコメントが見受けられる。

誤解に振り回されないように、制度を正しく理解する Photo/gettyimages
 

・企業年金の担当者は今頃大騒ぎだろう
・日本の金融機関は運用力が低すぎるからこうなる
・うちの会社の退職金ももらえないか減るだろう

この3つのコメントはほとんど間違いだ。その理由をそれぞれ、企業年金・退職金制度を専門とするFP(ファイナンシャルプランナー)として、解説をしてみたい。

SPONSORED