2022.06.03
# ビジネス

あなたをストレスから守り、人生を好転させる「5人のセコンド」を見つけよう

自分ひとりで頑張りすぎない
何をしても楽しくない、疲れがとれない、会社に行きたくない、イライラが募る……。近年、急増しているという「燃え尽き症候群(バーンアウト)」。そうならないためにも、産業医で、著書『「燃え尽きさん」の本』がある池井佑丞氏は、「5人のセコンド」を味方につけることを勧める。「5人のセコンド」とは一体何なのか? それぞれの役割と、見つけ方を教えてもらった。

自分ひとりで抱え込まないで

上司とどうしても反りが合わない、同僚とも仕事の付き合いだけで、心を許して話せる人がいない。ほかの人はみんなうまくやっているように見え、自分だけが孤独だと感じたりする。

Photo by iStock

このようにストレスの多い人間関係ですが、その一方で、私たちを救ってくれるのもやはり人間関係です。

燃え尽きやすい人は、実は人に相談するのが苦手という人が少なくありません。なんでも「自分一人で頑張らないと」と抱え込んだり、自分の弱みを人に見せまいと、元気なフリをしてしまう人もいます。仕事などの悩みを誰に相談したらいいのか、わからないという人もいるでしょう。

しかし、私たちが上手に燃え続けるためには、なにかあったときに話をしたり相談したりできる人、いろいろなシーンで自分を助けたり、守ったりしてくれる周囲の人の存在がとても重要です。

 

格闘技でいうと、ちょうどセコンドのような存在です。格闘技のラウンドとラウンドの間に選手のそばで汗をふいたり、水を飲ませたり、相手を攻略する作戦を一緒に考えたりする人がいます。それがセコンドです。

人生や仕事において燃え尽きずに闘い続けるには、日頃から、自分の周りにそういう存在を確保しておくのです。

SPONSORED