2022.05.30
# 中国

中国のバブル崩壊、銀行の「貸し剥がし・貸し渋り」激化でいよいよ大変なことになってきた…!

バブル崩壊の大打撃

5月に入っても、中国経済の減速に歯止めがかからない。

その背景にはいくつかの要因がある。

一つには、不動産バブルの崩壊は深刻化し住宅価格の下落が止まらないことがある。

社債のデフォルトが増え、信用収縮が加速している。

また、上海や北京などの大都市でゼロコロナ政策が徹底され、個人消費などの経済活動に大打撃があった。

〔PHOTO〕Gettyimages
 

さらに、IT先端企業への締め付けも厳しい。

今後の展開として、景気減速に歯止めが掛かりにくいだろう。

一部では、2022年の中国の実質GDP(国内総生産)の成長率は、3%台にまで低下するとの予想も出始めた。

不動産バブル崩壊の負の影響はさらに深刻化し、大手の民間デベロッパーの本格的なデフォルトは増えると予想される。

そのほかにも懸念材料は多い。

先行きの成長率低下懸念が高まる中で、共産党政権は幹部に倹約の徹底を求め始めた。

ゼロコロナ政策が冷え込ませた人々の心理は、さらに悪化する。

個人消費は減少し、経済活動の停滞に拍車がかかるだろう。

資本の流出が勢いづいて株価が大きく下げるなど、中国の金融市場が大きく混乱する恐れが高まっている。

これまで以上に、中国は世界経済の足を引っ張るだろう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
SPONSORED