2022.06.02

「大佐」の読み方は「たいさ」ではなく…旧日本海軍の「不思議な慣習」

ドラマにリアリティを与える戦時考証
神立 尚紀 プロフィール

日本でも航空軍備の拡充を図ろうとした昭和5(1930)年、高等小学校卒業以上の少年を対象に、飛行機搭乗員の養成を目的とした「予科練習生(予科練)」制度が発足する。これは従来、水兵や機関兵からの内部選抜で搭乗員を養成していた「操縦練習生(操練)」「偵察練習生(偵練)」よりも若いときから飛行機の専門教育をほどこし、進級も早めて航空隊の中堅下士官を効率よく生み出そうとするものである。予科練に採用された者は海兵団への「入団」ではなく指定の航空隊に「入隊」し、ここで基礎教育を受け、卒業後は飛行練習生として飛行訓練を受ける。

さらに昭和12(1937)年、予科練の受験資格を中学4年1学期修了程度に引き上げ、基礎教育期間を短縮して進級も早め、短期間に小隊長クラスの特務士官に任用する「甲種飛行予科練習生(甲飛)」が発足した。

このとき海軍は、「航空士官募集」と大々的に宣伝、甲飛に入れば海軍兵学校に準じた扱いを受け、短剣を吊ったスマートな海軍士官になれると勘違いした少年たちがこぞって志願し、「騙された」と落胆した。<【後編】いわば「正社員」と「非正規社員」…旧日本海軍の「面倒極まりない人事制度」が戦後に残したもの>では、引き続き海軍の人事制度について語る。

 
定価:1430円(税込)。講談社ビーシー/講談社。 真珠湾攻撃に参加した隊員たちがこっそり明かした「本音」、ミッドウェーで大敗した海軍指揮官がついた「大嘘」など全11章の、これまで語られることがなかった太平洋戦争秘話を収録。
SPONSORED