2022.07.30

29歳男性が絶句…ドライブデートの時に「大好きな彼女」から言われた「衝撃的すぎる一言」

「結婚願望はあって、彼女もいるんですが、今の恋人と結婚するって考えると二の足を踏んじゃいます。」

そう語る平井圭吾さん(仮名・29)は過去に経験した人妻との恋が忘れられず、未来への一歩を踏み出せない。

同世代の女性と付き合うことも多い大学時代、なぜ圭吾さんは人妻と出会い、惹かれていったのか。そして、今の彼女との未来に対して前向きになれない理由はなんなのか。

何年も未練を抱えながら生きてきた圭吾さんの体験談は、叶わなかった恋心の焼却法を考えるきっかけを授けてくれる。

photo by iStock
 

女性陣が全員既婚者だった合コンに参加

大学生の頃、アパレル系のバイトをしていた圭吾さんはある日、バイト先の知り合いから誘われ、合コンに参加することとなった。

「正直、たいして期待はしていませんでした。どうせ、かわいい子なんてこないだろう、いい子がいればいいけど、いないだろうなって。とりあえず、誘ってくれた知り合いを立てつつ、その場の空気を楽しもうと思っていました。」

ところが、現れた女性を見て心境は一変。3人のうち、ひとりがドストライクな見た目だったからだ。

「芸能人で例えるなら、北川景子と桐谷美玲を足して、ちょっと甘めの顔にした感じですかね。結構年上だろうなと感じましたが、これまで年下としか付き合ったことがなかったので、お姉さんと付き合うのもいいじゃんって思いました。」

田川彩(仮名・25)と名乗った彼女に、圭吾さんは一目惚れ。合コン中は人目もはばからず、猛アプローチをし、一緒に参加していた友人に「必死すぎだよ(笑)」と笑われた。

「あまりにしつこい僕の態度を見て彩も最初は苦笑いをしていましたが、終盤、『そんなにも私のこと、気になってくれたんだね』と笑い、連絡先を教えてくれました。」

それから、圭吾さんは電話などで距離を縮め、なんとか彩さんと付き合おうと奮闘。初めはあまり相手にされず、電話がつながらないことも多かったが、めげなかった。

「そしたら、徐々に連絡頻度が多くなってきて、彩のほうから電話をしてくれるようになりました。本当に嬉しかった。自分の気持ちは伝わっているし、彩ももしかしたら僕を気に入ってくれたのかもしれないと思って、告白しました。」

すると、彩さんからは「いいよ。よろしくね」との返事が。理想通りの女性の彼氏になれたことに、圭吾さんは大きな喜びを嚙みしめた。

SPONSORED