選択肢がなぜ少ない!? 日本の「避妊」の課題

日本で認可されている避妊法はいくつあるかご存知ですか? 男性がつけるコンドームのほかに、女性が主体になって選ぶOC(低用量ピル)、 避妊リング(IUD、子宮内避妊システム・IUS)があります。この中で圧倒的に選ばれているのは男性のコンドームであり、女性が主体的に選ぶ避妊法である避妊薬(低用量ピル)の普及率はわずか数%という状況です。つまり、妊娠は女性がするものなのに、日本では避妊を「男性に任せている」状態が続いているのです。

しかもコンドームの場合、外れてしまった、破れてしまったということもあり、確実な避妊法とは言えません。一方、ピルはほぼ100%近い確率で避妊ができることに加えて、生理やPMSが軽くなったり、貧血やニキビも改善できるといったうれしい効果があります。

意図しない妊娠で、リスクを負うのは女性自身です。だからこそ、より確実に避妊をするためにも、避妊の種類やその正しい利用法を知っておくことが大切です。また、ヨーロッパの国々では避妊薬を無料で入手できる国があるのに、日本ではなぜそうなっていないのかなど、解決していきたい課題もたくさんあります。

緊急避妊薬の薬局購入も議論されているがなかなか現実せず、緊急性を要するものなのに入手がしにくい現実がある。photo/Gedtty Images
-AD-

近年は日本でも、「妊娠する、しない」「産む、産まない」を女性自ら決められる権利「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ」の重要性が徐々に認識されてきています。避妊法の選択肢がたくさんあること、そして避妊薬を入手しやすい環境を国が整えることも重要です。こうした背景なども踏まえながら、国内外にどんなフェムテックがあるのか、チェックしていきましょう。