2022.06.05

いまZ世代が「ミニスカート」にハマっている…「スカート丈」流行の変遷が面白い!

松本 英恵 プロフィール

Y2Kファッションで注目される2000年代

90年代は、安室奈美恵のファッションを模倣した“アムラー”が登場し、ミニスカートに厚底ブーツを合わせるスタイリングが流行しました。浜崎あゆみもファッションアイコンとして注目され、クレージュのミニワンピース、ヒョウ柄、へそ出しなどの流行を生み出しました。スカート丈はひざ上15〜30cmと短くなりましたが、エンジニアブーツ、乗馬ブーツ、ニーハイブーツ、ストレッチブーツなど、ブーツのバリエーションが広がり、ルーズソックス、ハイソックスなども、JKたちがこだわりを見せる重要なファッションアイテムとなりました。

安室奈美恵 photo by gettyimages
浜崎あゆみ photo by gettyimages

90年代は、日本の歌姫たちの活躍がファッションにも影響を与えるようになりましたが、Y2Kファッションで注目される2000年代は、海外セレブのファッションが注目されるようになり、日本の歌姫たち影響力は低下しました。また、90年代以降、30代、40代を対象としたファッション誌が創刊され、「美魔女ブーム」へと発展しました。いつの時代も若者のファッションが注目されますが、ファッションは若者のためのものではなく、より幅広い世代の関心事となってきています。

Y2Kファッションで再注目されているパリス・ヒルトン(2004年撮影/photo by gettyimages)
ブリトニー・スピアーズ(2003年撮影/photo by gettyimages)
ジェニファー・ロペス(2007年撮影/photo by gettyimages)
 

大人のスカート丈の指針となるものとして、航空会社のキャビンアテンダントの制服のスカート丈を見ていきましょう。JALのCAの制服でひざ上丈が採用されたのは、4代目(1967年3月〜1970年6月)、5代目(1970年7月〜1977年9月)。ANAのCAの制服でひざ上丈が採用されたのは、3代目(1966年〜1970年)、4代目(1970年〜1974年)となっており、60年代のミニスカートの流行の影響が見られます。しかし、80年代以降の制服には、ひざ上丈は採用されていません。CAの業務内容やイメージを考慮すると、ひざ上丈は適当でないという判断が働いたのかもしれません。

関連記事