2022.06.15
# ライフ

肺がん・大腸がん、心筋梗塞に糖尿病…「病気の生涯支出」は驚くほど高額

備えていないと、地獄を見ることも

人生後半の「最大の支出」は医療費

もし来週、自分がステージ3のがんと宣告されたら。もし今夜、妻が意識を失って救急搬送されたら……。そんなことを心配して暮らしている人は、少ないかもしれない

しかし病は、突然に襲ってくる。その時いくらおカネが必要か。治療は何年続き、総額でいくらかかるのか。つぶさに知っておかなければ、備えることもできない。

Photo by iStock
 

しかもこの先、医療費の自己負担額は高騰してゆく一方だ。10月からは、原則1割負担だった75歳以上の世帯も、年収が単身200万円、夫婦で320万円以上ならば2割負担となる。ただでさえ物価高騰で、日々の生活は苦しい。これからの時代は、人生後半で「最大の支出」となる医療費を抑えることこそ、資産防衛の近道なのである。

今回、特に患者数が多い10の病気について、その総費用を徹底解剖した。まず、もっとも代表的ながんから見ていこう。

SPONSORED