2022.06.16

「自責の無限ループ」にハマった妻が「脱カサンドラ」するのに有効だった“5つのこと”

「自分のため」に知識をつける

「カサンドラ症候群」とは、アスペルガー症候群の配偶者が、夫婦生活において情緒的な交流が果たされないことで精神的なダメージが蓄積され、その影響が精神的・身体的に及んで現れる症状を指す。主なものとして、うつ、パニック障害、睡眠障害、激しい自己否定、自己評価の低下などがある。

21歳にして、勤務先の20歳年上の医師と結婚した医療事務の真理子さんは、「アスペルガー症候群」の特性ゆえに、夫と思うようなコミュニケーションが取れないことに気づき、離婚を選んだ。その経緯は前回記事でお伝えした通りだ。しかし、離婚したからといって、すぐに「カサンドラ症候群」から抜け出せたわけではなかったそうだ。

photo by iStock
 

真理子さんは言う。

「離婚はすぐに決断できました。でも、『カサンドラ症候群』から抜けるのには時間がかかりました。私の場合、自責が強かったですね」

脱カサンドラのために有効だったことを、あげてもらった。

(1)「アスペルガー症候群」についての知識を身に着ける

「ネットではなく、専門家によって書かれた本で知識を身に着けることをおすすめします。今は発達障害という言葉がひとり歩きして、自分にとって好ましくない人を『あいつは発達障害だよ』と決めつける傾向があるように感じていますが、それはとても危険なことです。

知識を身に着けるのは『相手のため』ではなく、『自分のため』です。私の時代にはそういう本が一般的でなかったため、まさか『脳の問題』だとは思いませんでした。なので、自分が妻として至らないのではないか、魅力がないからではないかと自分を責め、次に夫を『私をバカにしているに違いない』と憎みまくりました。このままだと警察のお世話になってしまうと思ったこともあります。

相手を恨むと、結局『こんな人と結婚してしまった自分はなんてバカなんだ』と自責の無限ループにはまることになります。彼らは意地悪をしているわけではない、脳の特性のため『できない』のです。それを知った上で、今後のことをどうするのか考えてみてください」

SPONSORED