参院選 東京選挙区5人はもう当選確実!6人目で《山本太郎》《小池チルドレン》《維新》の激突

自民2、立憲1、共産、公明は確定か

7月10日に投開票が行われるとされる参院選挙が近づいてきた。東京選挙区では、たくさんの有力候補が出馬を表明し、混沌としてきている。そんな中、自民党が4月、5月、6月の3回にわたって実施したとされる情勢調査の内容が流出している。

Photo by GettyImagesPhoto by GettyImages

今回、この情勢調査をもとに、全国でも一番の激戦区の行方を占っていきたい。

東京選挙区の定数は6。6月3日から5日にかけて行われた情勢調査の数字を、候補者の順で並べると以下の通りとなる。カッコ内には4月と5月の結果を入れた。

1位 朝日健太郎(自民) 15.4%(4月 16.4%/5月 15.1%)
2位 蓮舫(立憲) 13.8%(4月 17.2%/5月 15.8%)
3位 山添拓(共産) 11.1%(4月 12.4%/5月 11.7%)
4位 生稲晃子(自民) 10.9%(4月 8.9%/5月 9.0%)
5位 竹谷とし子(公明) 9.0%(4月 9.0%/5月 8.5%)
6位 山本太郎(れいわ) 5.4%(4月 1.9%/5月 1.7%)

7位 海老沢由紀(維新) 5.1%(4月6.9%/5月5.0%)
8位 荒木千陽(都民ファ) 4.8%(4月4.5%/5月5.2%)
9位 松尾明弘(立憲) 4.0%(4月4.1%/5月3.5%)

 

5月調査の時点では6位に維新の海老沢がいたが、今回の調査で山本太郎に抜かれた。ただし6位から8位は横一線といってもいい。1位から5位まではほぼ当確とみられる所以だ。

関連記事