2022.06.20

習近平も「震えている」…! 世界の“食糧不足”でこれから「本当にヤバくなる国」の名前

「小麦ショック」のほんとうの怖さをご存じか…?

インフレがいよいよ深刻になってきています。

足元の消費者物価上昇率はアメリカと欧州(ユーロ圏)が8%を超え、新興国のトルコにいたっては70%に達しようとしています。

中でも深刻なのは小麦の価格です。

3月には2008年2月以来の史上最高値を更新しました。米シカゴ商品取引所(CBOT)の小麦先物(中心限月)は、2021年初めに1ブッシェル6ドル程度でしたが、2022年2月には8ドル程度まで上昇、ロシアのウクライナ侵攻でついに14ドルを超えてしまったのです。

その後は高値からの調整を挟み、足元では10~11ドル台で高止まりしています。

ドイツのパン工房でも小麦価格の高騰に悩まされている Photo/gettyimages
 

歴史をさかのぼってみると、このような高水準のインフレ下では社会的に不安が高まりやすく、革命や動乱が起こることが多いものです。

物価が勢いよく上がることによって、庶民が日々の生活に苦しくなってしまうからです。

とくに、小麦などの穀物価格の高騰には注意を払う必要があります。

SPONSORED