2022.06.24

「YouTubeアニメの雄」が、ここにきてウェブトゥーンへを参入を決めたワケ

Plott×ソラジマ対談

2019年2月に創業し、『女子力高めな獅子原くん』や『でんぢゃらすじーさん』のYouTubeアニメを手がけてきたソラジマは、2021年8月にウェブトゥーンに参入。

また2017年8月に創業し、『テイコウペンギン』『混血のカレコレ』『全力回避フラグちゃん!』など、やはりYouTubeやTikTokでアニメを制作してファンを獲得してきたPlottも2022年中の参入に向けて制作に取り組んでいる。

出版業界やゲーム業界からの参入組とは違った景色が見えているであろう両社の代表に、YouTubeアニメとウェブトゥーンの共通項や、動画やSNS運用を手がけてきたからこその強みについて訊いた。

 

年間100本体制を目指すソラジマ、渾身の1本で勝負するPlott

――ウェブトゥーンへの参入動機から教えてください。

ソラジマ共同代表・萩原鼓十郎 ソラジマは世界で通用するIPの創出を目指してYouTubeアニメに取り組んできましたが、ウェブトゥーンは我々の目標に至る勝ち筋がある、と考えてオールインを決めました。マンガアプリが登場してきた2010年代前半にもマンガに新規参入するスタートアップはありましたが、そこでは「ジャンプ」をはじめとする既存のマンガビジネスのプレイヤーとの間で良いマンガ家さんの獲得競争になり、なかなか難しかったという印象があります。

しかしそのあと日本でもウェブトゥーン市場が立ち上がり、スタジオによる分業型制作が現れてきたのを見て「これなら新規参入者も国内のマンガ家獲得競争にさらされずに、まったく違うアプローチで制作陣を集めることができ、世界で戦えるじゃないか」と参入を決めました。

ただソラジマはスタジオでのみならず個人制作ウェブトゥーンも作っていきたいと思っていますし、白黒マンガは絶対にやらないと決めているわけでもありません。あくまでグローバルに勝つための手段を模索しているなかで、挑戦しがいのある余白が生まれたタイミングなのだと捉えています。

Plott代表取締役・奥野翔太 Plottはグローバルに展開できるメガヒットIPを育てることが目標の会社です。4月にBUZZCASTとの経営統合を発表しましたが、現在は従来のYouTube、TikTok上でのコンテンツづくりの次の柱を作る「第二創業期」という位置づけです。作品を大きくしていくためには様々な場所にタッチポイントを持ち、それぞれに多様な属性のファンを抱えることが重要だと考えています。

たとえば『鬼滅の刃』もマンガだけではあそこまでのヒットにはなっていなかった。マンガとアニメの客層が重なる部分もありつつ違うからこそ、アニメ化したときあそこまで跳ねた。同様に、YouTubeアニメとウェブトゥーンでは現状ファンの属性はおそらく違うけれども、だからこそそれぞれに顧客を獲得しておく必要がある。それが参入の背景です。

SPONSORED