2022.07.01
# ライフ

「熱海で災害があったことを忘れないでほしい」元AKB48“若女将で起業家”島田晴香が毎月3日にツイートするワケ

2021年7月3日に発生した熱海市伊豆山土石流災害から1年。徐々に報道も少なくなる中、痛ましい災害の爪痕を風化させまいと奮闘する人物がいる。元AKB48グループで、熱海出身の島田晴香さんだ。

実家である旅館の若女将と、アイドルのセカンドキャリア支援企業の代表の二足のわらじを履く彼女が、被災地のためのクラウドファンディングを通じて感じたグループの絆、そして、地元への思いとはーー。ライターの伏見学氏が訊いた。

AKB48グループの力を借りよう

現地の災害ボランティアセンターに入り現場に通っているうちに、被災した人たちからはお金が必要だという声が聞き漏れてきた。家を建て替えたり、家電などの生活必需品を買い替えたりしなくてはならないからだ。考えた末、島田さんはクラウドファンディングをすることを決めた。

「最初は抵抗がありました。やっていいのかなとか、ただのお金集めに思われたらどうしようとか。でも、何をするにしてもお金が必要になるのは間違いありません。熱海のために私が今できるのはクラウドファンディングしかないなと思って、急ピッチで準備を進めていきました」

元AKB48の島田晴香さん。現在は、起業した会社の「経営者」と、実家の旅館の「若女将」という二足のわらじをはく

また、自分の力が最大限に生かせるのではないかとも感じていた。それはAKB48グループの人的ネットワークだ。

「AKB48は全国にグループがあって、多くの仲間がいます。おこがましいけど、全国の力を借りられたらなと。それらをひっくるめて考えると、クラウドファンディングが一番良い方法だと思いました」

 

島田さんの願いは全国の仲間たち、そしてファンたちに通じた。8月3日にスタートするや否や、次々と寄付が集まった。AKB48グループの人気メンバーだった指原莉乃さんや横山由依さんなどもSNSで情報をシェアするなど、惜しみなく力を貸してくれた。

そしてまた、一緒に活動したいと手を挙げてくれた同志も引き寄せた。それが元NMB48の日下このみさんである。

SPONSORED