柳生博さんが大激怒…中村雅俊さんに「芝居なめてんのか!」と怒鳴ったワケ

ドラマ『われら青春!』の舞台裏で…

主役を張る自覚が足りねぇよ

中村雅俊さん(71歳)はその役者人生の中で”兄”と呼ぶべき存在に巡り合った。俳優としてはもちろん、クイズ番組『100万円クイズハンター』の司会や作庭家としても知られる柳生博さん(享年85)、その人だ。

2人の出会いは、'74年放送のドラマ『われら青春!』での共演。中村さんは同作品で主役に抜擢されたものの、当初は柳生さんに叱られてばかりだったという。

柳生博さん

「撮影中、『おまえ、芝居なめてんのか!』と怒られたんです。役者としてはまだ1年も経っていなかった自分を見て、柳生さんには、大学生の延長でやっているように見えたのでしょう。俺自身、そういう素人っぽい演技が自分らしさだと、勘違いしてたんです」

こいつは主役を張る自覚が足りない。そう感じた柳生さんは、芝居の技術よりも、役者としての基本的な心構えを中村さんに叩き込む。撮影中はもちろん、指導は私生活にも及んだ。

 

撮影本番までの努力を怠るな。セリフを完璧に覚え、演技プランを緻密に立てろ。特におまえは不器用なんだから不器用なりに、やり過ぎるくらいやれ

当時、中村さんの住んでいた四畳半一間の安アパートに直接、乗り込んできた柳生さんはこう言い放った。

関連記事