2022年FRaU5月号でも総力特集をしている日本発のラグジュアリー=“JAXURY(ジャクシュアリー)”。JAXURYとは日本発(Japan’s)ほんもの(Authentic)、心地よさ(Luxury)を意味する、Japan’s Authentic Luxuryの略称造語であり、日本のものづくりやサービスにフォーカスしながら、日本発のラグジュアリーを世界に向けて発信していくプロジェクトです。

これからの時代を意識しながら日本のあらゆる素晴らしいものに触れている様々な方に、ご自身が思うJAXURYなもの・ことを教えていただく「MY JAXURY」。今回登場していただくのは、人工ダイヤ「ラボグロウンダイヤモンド」を日本に広めた第一人者である河村真弓さん。現在の彼女の肌を健やかに保つ菌と美容の関係に着目したKINS、そして、日常に取り入れられるドレス、YOHSAGRA(ヨウ サグラ)についてお話を伺います。

“貴族使い”で手に入れたラグジュアリーな素肌

「様々な化粧品を試してたどり着いたのがKINS。このブランドの素晴らしさは、一言でいうと健康、美容と菌の関係への飽くなき探究心です。その熱い思いから生み出された商品のクオリティへの信頼性は格別。今一番、頼りにしている化粧品です」と河村さん。

株式会社KINS代表の下川穣氏は、岡山大学歯学部を卒業後、歯科医師に。その後、難病治療を専門としたクリニックの理事長を務めた際に、「菌にまつわるケアをすれば、根本からの健康の維持を目指せるのではないか」と「マイクロバイオーム」(ヒトの体に共生する微生物)研究を重ね、菌ケアによる根本治療の可能性を感じKINSを設立。インナー、アウターの両方からのアプローチで、腸内環境や皮膚の常在菌バランスに着目したサプリメントや化粧品を開発しています。

河村さんは現在、KINSの製品をフルラインナップで愛用中。「KINSではメイクを落とした後、ブースター、セーラムリペアの2商品での肌のお手入れを推奨しています。ですが、私はクレンジングオイルを使った後、贅沢に、ブースター、ブースターモイスト、セーラムリペアの順に愛用。このブースター2種類をダブルで使うことを私達は“貴族使い”と呼んでいます」

美肌のために常在菌のバランスはもっとも大切と考え、洗う菌ケアを叶える優しいクレンジングオイルを開発。ダブル洗顔の必要がなく、美肌菌は守りながらメイクや汚れはしっかり落とす。 KINS CLEANSING OIL¥4378(単品)、¥3278(定期)
美の基となる潤いに満ちた角質層を作り上げ守る美肌菌。そんな美肌菌発想で作り上げたのがKINS BOOSTER。21種類の乳酸菌で有機大豆を発酵せることで生まれる発酵生産物、KINS ESSENCEを配合。より豊かな潤いが欲しい人は、KINS BOOSTERの保湿面のみを強調したKINS BOOSTER MOISTがおすすめ。 KINS BOOSTER/KINS BOOSTER MOIST¥8580(単品) 、¥7128 (定期)
次世代レチノールとも呼ばれる注目の植物性整肌成分「バクチオール」を配合し、KINS独自の発想で作られたエイジングケア美容液。デリケートな肌の人でも毎日使える肌に優しい設計が特徴。 KINS SERUM REPAIR¥9240(単品)、¥7678(定期)

「KINSは化粧品だけではありません。ヒトへのKINS、犬猫へのKINS WITHと事業の幅を拡げており、8月には二子玉川に動物病院の設立、年明けにはシンガポールでKINSクリニック開院というスピード感も素晴らしいと思います」と河村さん。

“常在菌から診る” あたらしい動物病院 「KINS WITH 動物病院」。ここは「根本から」健康を保つことを考え、体質や環境、そして常在菌という、獣医学分野で画期的なアプローチを取り入れる。8月、二子玉川にオープン予定。
愛犬・愛猫の腸内フローラを毎日ケアするサプリメント(約1ヶ月分)。まずは愛犬・愛猫のお口に、お腹に合うかを体験してみたい方へおすすめ。 WITH SUPPLEMENTS(単品)税込¥7308
-AD-

KINS WITHは菌ケアのプロであるKINSが獣医師と共同で開発した犬猫のためのトータルサービス。ヒトと同様、犬、猫にもおよそ1000兆の菌が生きていてその健康を支えているが、犬猫も腸内フローラのケアをして体調を整えることで、健康維持につながると考えた下川さん。言葉を発しない犬猫にもよりベストな処方をしてあげるために診察がしたいと今年8月には動物病院をオープン。さらに、ヒトへのKINSもただ化粧品を開発するだけでなく、より悩んでいるヒトのために、根本的な治療までサポートしたいと2022年にはシンガポールでKINSクリニックを開院します。