2022.06.22
# 学校・教育

「周りの顔色ばかり見てしまう」、母親の「感情否定」が25歳の娘に与えた「深刻な影響」

幼い頃から、母親による「感情否定」を受けてきた紗月さん(仮名、25歳)は、生きづらさに悩み、行政書士/公認心理師である著者の佐藤千恵さんの元を訪れました。

【前編】「母親から「感情を否定」されつづけた25歳女性、彼女が抱えた「深刻な生きづらさ」」では、幼い紗月さんがケガをして泣いている時に、母親が「痛くない!」と語気強く言うなど、紗月さんの感情を否定し続けてきたことを紹介しました。そのことは、その後の紗月さんの人生に影を落とすようになります。

※以下は、実際の事例をプライバシーに配慮して再構成した内容です

〔PHOTO〕iStock
 

叔父に体を触られて…

紗月さんが当時暮らしていた家は、父親の実家の近くでした。実家には父親の母と弟、紗月さんから見れば祖母と叔父が二人で暮らしていて、よく行き来があったそうです。

「私はこの叔父が苦手でした。叔父はいつもお酒臭くて、そして…やたらと私を触る人だったんです、足とかお尻とか胸とか。『紗月は可愛い』って撫でて来るんですけど、身体を触れるのも頬ずりされるのもすごく嫌でした」

紗月さんは大きくため息をついて続けます。

「当時、母も私が叔父を嫌がっていたことは分かっていたと思います。それである時、ついに私が我慢できずに、母に『叔父さんおっぱい触った』みたいなことをポロッと言ったことがあったんです。母はすごく嫌そうに『子どものあんたにおっぱいなんてないでしょ! そういうことは言うんじゃない!』って怒られたんです…。でも、どんなに小さくても身体を触られる嫌悪感が確かにあったんです。母には黙らされましたが…」

関連記事