隣近所の人は知らない「これから10年で600万円」儲かる簡単手続き

銀行や役所に申請するだけで…

銀行預金を見直すだけで

妻が倒れて緊急手術することになった。夫の介護が必要になり、老人ホームの一時金を工面しなければならなくなった……。そんな想定外の事態に襲われてから「おカネがない」と嘆いても、あとの祭り。明暗を分けるのは、事前の備えだ。

手始めに、今すぐ着手すべきことがいくつかある。まずは銀行預金のネットバンクへの切り替えだ。昨今ではどの銀行もネット口座の普及に力を入れているが、利用者増を狙って通常の預金では考えられないほどの高金利を付けている。

Photo by iStock

たとえば、あおぞら銀行「BANK」口座の金利は普通預金で年0.2%。またオリックス銀行「eダイレクト定期預金」の金利は5年で年0.27%、7年で年0.3%。いずれもメガバンクの100倍を超える破格ぶりだ。

「預金全額を移さなくとも、夫婦でそれぞれ500万円ずつ預ければ10年間で約20万円トクできます。ネットから申請する必要はありますが、特別な利用条件はなく、誰でも申し込めます」(ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢氏)

 

また、加給年金の申請特別支給の老齢厚生年金の申請も忘れないようにしよう。

「定年後に使える諸制度の中で、一番大きくトクできます。たとえば夫が65歳で妻が55歳の夫婦なら、妻が65歳になるまでの最大10年間、夫の老齢厚生年金に『加給年金』として年額約39万円が上乗せされる。いわば年金の家族手当にあたるものです」(ファイナンシャルプランナーの長尾義弘氏)

関連記事