源頼朝はなぜ、2度にわたって娘・大姫の入内を画策したのか?

歴史家が見る『鎌倉殿の13人』第24・25話
部下を次々に粛清し、娘・大姫の入内工作を画策する源頼朝。その​動機はいずれも「後継者問題」だった!
『頼朝と義時』(講談社現代新書)の著者で、日本中世史が専門の歴史学者・呉座勇一氏が、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の放送内容をレビューする本企画。今回は、先週放送の第24話「変わらぬ人」、昨日放送の第25話「天が望んだ男」について、専門家の視点から見たみどころを解説してもらいました。

『鎌倉殿の13人』の第24話では大姫(源頼朝の長女)と源範頼の死、第25話では源頼家の長男である一幡(いちまん)の誕生と頼朝の落馬が描かれた。死におびえ、疑心暗鬼に陥る源頼朝を支えつつも、北条氏の生き残りを冷静に計算する北条義時。そこにはかつての純朴な青年の面影は既にない。歴史学の観点から第24・25話のポイントを解説する。

源範頼の失脚と東大寺落慶供養 

建久4年(1193)、曾我事件の余波で、源範頼が謀反の嫌疑を受けた。範頼は起請文(きしょうもん)を提出して身の潔白を示そうとしたが、「源範頼」と署名し、「源」の一字を用いたことを大江広元に咎められ、かえって事態が悪化した(『吾妻鏡』建久四年八月二日条)。

さらに8月10日、頼朝寝所の床下に潜んでいた範頼の腹心の勇士である当麻太郎が捕らえられた。範頼は頼朝の考えを知るために偵察として当麻を放ったようだが、頼朝暗殺を企んだと見られても仕方ない。ここに範頼の失脚は確定した。

範頼は独断専行の多かった義経と異なり、平家追討戦でも常に頼朝の指示を仰ぐ従順な弟であった。既に一条忠頼(武田信義の嫡男)・板垣兼信(信義の三男)・多田行綱ら頼朝を脅かしかねない源氏の有力武士は暗殺・追放されていた。範頼の粛清も、この流れに位置づけられる。

8月17日、範頼は伊豆に流され、その後消息不明になるので、おそらく暗殺されたと思われる(『吾妻鏡』をはじめ、信頼できる史料には範頼の死に関する記述はない)。同時期、旗揚げ以来の老臣である大庭景能(かげよし)・岡崎義実(よしざね)が出家している(『吾妻鏡』建久四年八月二十四日条)。範頼との関係が疑われ、引退を余儀なくされたのではないか。

頼朝に忠実で慎重な範頼が謀反を計画していたとは思えず、冤罪の可能性がある。頼朝が謀反を口実に範頼を粛清したのだろう。その背景には後継者問題があった。嫡男の頼家はまだ12歳、頼朝に万が一のことがあれば頼家の立場は危うい。そもそも頼朝が義経に対して冷酷であったのも、頼家のために武勇に優れた義経を排除したという側面があった。

比企家系図〈編集部作成〉

範頼の粛清から間もなく、甲斐源氏の安田義定・義資(よしすけ)父子も粛清された。これも頼家を脅かす源氏一門の排除が目的だろう。

こうして頼家の後継者としての地位を安定させた頼朝は、建久6年2月に2度目の上洛を行う。北条政子、長女大姫、嫡男頼家を伴っていた。

頼朝は3月4日に入京し、12日には東大寺大仏殿の落慶供養に出席した。平家の焼き討ちによって焼失した東大寺の再建は、治承・寿永の内乱の最中から進められた。朝廷は当時高野山にいた高僧の重源(ちょうげん)を大勧進に任命し、資金調達を任せた。

東大寺大仏殿(現在の大仏殿は江戸時代に再建されたもの/Photo by iStock)

宋(中国)に渡海した経験を持つ重源は寄付金を集めると共に、宋の工人である陳和卿(ちん・なけい)を招請するなど技術者集団も組織した。頼朝も重源の大仏殿造営事業に多大な支援を行ったので、スポンサーの立場で再建供養に臨んだのである。 

落慶供養には後鳥羽天皇や九条兼実も参列し、平和の到来と公武協調をアピールする場にもなった。ただし、頼朝は大軍で東大寺の周囲を厳重に警備させた。警備の御家人たちと東大寺衆徒の間で喧嘩も起こってしまった。

また陳和卿は、頼朝が戦争で多くの人命を奪ったことを理由に、頼朝との対面を拒否した(『吾妻鏡』建久六年三月十三日条)。むき出しの暴力によって築かれた鎌倉幕府への反発は強く、頼朝は公武協調路線をさらに進める必要に迫られていた。

関連記事