2022.06.25
# ドラマ # ジェンダー

ヌード写真集は自分を愛してあげた証だと語る歩りえこ

「この体は私だけのオリジナル」

りえこのグラビア「第2章」

「私は世界94ヵ国をバックパックひとつで旅をしてきました。今回、ヌードになったのも新しい旅の第一歩なんです」

女優・水原希子の主演でHuluにてドラマ化された『ブラを捨て旅に出よう』(2012年/講談社文庫)の著者であり、現役グラビアアイドルで2児のシングルマザーである歩りえこ(40)が写真集『スフィア』(講談社)でフルヌードに挑むことになった。記事前編では自身が旅によって自分を解放していくことを覚えた経験を話してくれた。

では歩りえこは、これからの人生をどうプランニングしているのだろう?

撮影/山岸伸
 

「世界一周の旅から一時帰国した2007年くらいにスカウトされて、芸能界に入りました。実は私、大学時代に写真部にも入っていて自分で撮影するのが好きだったんです。当時はまだフィルム時代だったので暗室に籠もって現像を自分でしたりもしていました。でも被写体としての水着撮影もやってみたら楽しくて、あっという間に撮られるのも好きになりました。グラビアではいろんな場所にロケに行くんですが、みんなでワイワイしながら一緒に何かを作り上げていくのは文化祭のような楽しさがありました」

歩は現在40歳。作家活動や旅についての講演、育児などが忙しく、グラビアはしばらく開店休業状態だったが、この2年ほど「復活」の様相を見せている。

SPONSORED