2022.06.26
# 慶應義塾 # 野球 # 前田智徳

清原ジュニアに前田ジュニア 六大学野球・サラブレッドの現在地

フレッシュトーナメントで見せた存在感

一軍の練習でも本塁打連発

2022年の春季六大学野球は明治大学の優勝で幕を閉じた。

リーグ戦への出場はなかったものの、1・2年生を中心として争われるフレッシュトーナメントで大きな話題となったのが慶應義塾大学の「サラブレッド」2人だ。

 

西武・巨人などで一時代を築いた清原和博氏の息子である清原正吾内野手と、広島一筋で2000本安打を達成した前田智徳氏を父に持つ前田晃宏投手です。

清原選手はフレッシュトーナメントでは全試合4番に座り、強い期待を感じました。中高は野球から離れていたためまだブランクを埋めている途中ですが、ベンチでも声を切らさない姿勢など、スタッフからの信頼も厚い。

打撃練習での本塁打率は1軍メンバーの中でも屈指のため、この秋にはメンバー争に絡んできてもおかしくありません」(スポーツ紙記者)

清原和博氏/Photo by Getty Images清原和博氏/Photo by Getty Images

関連記事