2022.07.02
# エンタメ

「TikTok売れ」が効かない小学生相手でも「スターツ出版」大躍進のワケ

創刊2年で躍進 野いちごジュニア文庫

スターツ出版の2021年12月期決算では売上高・営業利益ともに過去最高を更新した。つまり2000年代初頭のYoshiの『Deep Love』シリーズが牽引した第一次ケータイ小説ブーム、2000年代半ばの『天使がくれたもの』『恋空』などを代表作とする第二次ケータイ 小説ブームという、社会現象と言っていい過去二度のピークを超えた。

いわゆる「TikTok売れ」と人気ケータイ小説作品のコミカライズの好調を受けてのものだが、見逃せないのは2020年8月創刊の野いちごジュニア文庫が創刊2年と経たずしてに児童文庫市場の売上トップ100位中、作品本数で3位に躍進とIR(投資家向け広報)で発表されていることだ。児童文庫は今では児童=小学生に留まらず中学1、2年まで読むものになっているとはいえ、スマホを持たない小学生にTikTokの影響はないし、この年代向けのコミカライズもない。

近年、児童文庫市場は「戦国時代」と言われるほど刊行点数が増えている。そんななかで『小説 君の名は。』などを擁する角川つばさ文庫や『鬼滅の刃』『呪術廻戦』などのノベライズ版を刊行する集英社みらい文庫のように著名なアニメやマンガ、ゲームのノベライズタイトルもなく、自社オリジナル作品のみで勝負している新興レーベル・野いちごジュニア文庫が急速に支持を集めているのはなぜなのか。

スターツ出版書籍編集部・長井泉氏と出版マーケティンググループ(販売部)部長・小林厚氏に訊いた。

トーハンの児童文庫ランキングの 売上トップ100の中で3番目のタイトル数に

――児童文庫市場は角川つばさが1位、講談社青い鳥文庫が2位というのが10年近く不動だったところに続々と何社も参入してきました『出版指標年報2021年版』 によれば2020年には『鬼滅の刃』ノベライズの大ヒットによって集英社みらい文庫が2位に浮上)。 そこに野いちごジュニア文庫が創刊早々にノベライズなしで3位に入ったのはすごいですね。

小林 ただ、「3位」はカッコ書きありのものです。児童文庫のシェアは正確に公表されていません。トーハンの児童文庫ランキングの 売上トップ100のなかでどのレーベルの作品が何作品入っているかを調べると野いちごジュニア文庫が3番目だったことから、おそらく全体シェアもそれに近いだろうと考えています。

――スターツ出版では従来、小学生向けの書籍も「文庫」で展開してきたと思いますが、ここに来て「児童文庫」(新書サイズのシリーズ)である野いちごジュニア文庫を創刊した理由は?

長井 2007年にスタートしたケータイ小説サイト「野いちご」、2009年に創刊したケータイ小説文庫はもともとは小中学生の読者も多かったですが、どちらも今は高校生がメインになっています。では最近の小中学生はと考えると、書店で本を手に取る場所がケータイ小説棚とは違うところになっているのでは、ということで児童文庫棚に展開することを決めました。

――刊行作品を見ると、ケータイ小説文庫で過去に刊行したものを新装版として出版したケース(『リアルゲーム』『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』など)や、「野いちご」からダイレクトに書籍化されたもの(『となりの一条三兄弟!』など)、ほかに書き下ろしもあるようですが、どんな方針ですか。

長井 作家さんは基本的に、もともと野いちごで活動されていてケータイ小説文庫や単行本を書かれている方です。出し直しや書籍化、書き下ろしの比率は決めず、今の小中学生の読者が今の感覚で楽しんで読んでくれるかどうかを第一に考えています。ケータイ小説文庫で刊行した作品の新装版やでも、小説サイト「野いちご」から書籍化した場合でも、高校生が主人公のものは中学生設定に改稿し、小学生の親御さんが読んで気にされるような表現には配慮して編集しています。創刊直後の頃は書き下ろしでお願いしているタイトルが多かったですが、積極的に野いちご発の作品を書籍化していきたいと思っています。

 

――ネットで「野いちご」を読んでいる人とジュニア文庫の読者は重なっていますか?

長井 具体的な数字は取れていませんが、高校生中心のケータイ小説文庫の読者よりはジュニア文庫の読者の方が「野いちご」ユーザーは少ないと思います。ジュニア文庫の読者の中心は10~14歳ですから、まだスマホを持っておらず、サイトの存在を知らずに読んでいる読者も多いという印象です。

SPONSORED