2022.07.09
# 日本株

「貧乏な人」が、なぜか「2億円の財産」をわが子に残せる「すごすぎる方法」

「金持ちの人」も驚きのテクがあった

子どもに「2億円」の財産をのこせるとしたら…

子どもの将来のために、親や祖父母の財産を贈与しておこうという人は少なくないと思います。

では、経済学の金融理論の観点で一番喜ばれる方法は何なのか…? ご存知でしょうか。

いまの日本の税法では子どもへの贈与は、一定条件の下であれば年間最大110万円まで贈与税がかかりません。裕福な家庭であれば子どもが生まれて18歳で成人するまでに1980万円を無税で贈与できることになります。

その余裕がある家庭では、それでいいのかもしれません。しかし、そんな余裕がない家ではどうでしょうか。

運用の仕方でとんでもなく差がつく! Photo/gettyimages
 

子どもが生まれたときに貯金が50万円ほどあって、祖父母に聞いたらこれまでの蓄えなどから60万円ぐらいならかわいい孫のために出してもいいよという家庭の場合、どのように子供に贈与するのがいいのでしょうか?

裕福な家庭でなくともこのお金をどうするかで、未来は大きく変わる。裕福な家庭が1980万円を残す一方で、余裕のない家庭が「2億円」の資産をのこせるとしたら……。

これが今回のテーマです。

SPONSORED