2022.07.04

脊椎動物の陸域への進出は、どのような形で化石に遺されたか?

舞台はシルル紀、そしてデボン紀へ

好評の『カラー図説 生命の大進化40億年史 古生代編』から、古生物をめぐる歴史について、とくにここ十数年で得られた新たな知見に注目して、見ていくシリーズ。前半〈【古生物学ミステリー】化石の突起が意味するのは、最古の"交尾"!?〉に続いて、後編をお届けします。

脊椎動物の進化史上、現在最古の"交尾姿勢"

左右に伸びるクラスパーとの交尾は、すこし難しい姿勢を強いられそうだが、ロングたちは胸びれを用いて、雌雄が交尾の際の姿勢をコントロールしていた可能性を指摘している。

【イラスト】ミクロブラキウスの後尾姿勢最古の後尾姿勢!? ミクロブラキウスは、このように雄と雌が"腕を組み"、腰を寄せるかのように、雄はクラスパーを雌の膣口に挿入していたとされる illustration by hidenori yanagisawa

これらの仮説が正しければ、脊椎動物の進化の歴史の中で知られている限り、最も古い体内受精であり、最も古い交尾姿勢ということになる。

受精後は、卵生? 胎生?

画期な発見はまだ続く。

さて、体内受精の先にあるのは妊娠である。板皮類は、現在の多くの硬骨魚類のように卵を産む「卵生」だったのか、サメやエイなどの多くの軟骨魚類のように十分に発育した赤ちゃんを産む「胎生」だったのか?

関連記事