2022.07.01

「日本に勝った」と大騒ぎの韓国…! ここへきて「日本は大好き、中国は最低」に“大転換”してきたワケ

『ウマ娘』が韓国で大人気!

韓国で6月20日からカカオゲームズより日本でも大人気のモバイルゲーム「ウマ娘・プリティダービー」の配信がスタートし、話題沸騰している。

4月の事前予約では10日間で100万件、さらに今回も配信直後より、Google Play StoreやApple Storeでいきなり1位を記録し、評価も星5つに対し4.7と好調な滑り出しを見せているのだ。

そんな「ウマ娘」の韓国での注目と人気が意味するものはいったい何だろうか――。

スマホ大国・韓国 photo/gettyimages
 

「ウマ娘」は2021年にリリースされた「育成シュミレーションゲーム」であり、競走馬を擬人化した「ウマ娘」を育成し、レースでの勝利を目指していくというものであり、プレーヤーはウマ娘のトレーナーということになる。

競走馬を女の子に見立てるというユニークな発想や、ウマ娘達の名前に実際の競走馬の名前が使用されたりしているのも興味深い。競走馬の名前を使用にするにあたっては、馬主からの許諾を得ている。

ウマ娘達が仲間達と共に成長、レースでの勝利を目指していく「学園モノストーリー」に仕上がっていて、プレーヤー達からも「シナリオやキャラクターのスキルの設定がしっかりしている」と評されている。

しかも、昨年のモバイルゲームランキングでは、日本のみでのリリースだったにもかかわらず全世界で3位にランクインするほどの人気ぶりを見せつけた。

SPONSORED