2022.07.02
# エンタメ

松重豊が人気ドラマ『孤独のグルメ』を降板する「Xデー」

モチベーションの低下も囁かれている

「完食できなくなったら降板する」

いま、テレビ東京がもっとも気にかけている俳優が松重豊(59歳)だ。

松重といえば、人気ドラマ『孤独のグルメ』(テレ東)の主演を10年以上務めている。6月21日に最終回を迎えた連ドラ『持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~』(TBS系)でもヒロインの父役を演じて好評を博した。

「『孤独のグルメ』は深夜帯にもかかわらず世帯視聴率3~4%を確実に獲っている。しかも13~49歳にターゲットを絞ると6~8%台に上がる。テレ東にとって、もっとも大切なコンテンツの一つであることは間違いない」(番組制作会社幹部)

Photo by gettyimages
 

実は『孤独のグルメ』の新シリーズが、10月から放送することが内定しているという。だが、テレ東サイドにとっては気が休まらない日々が続く。

「松重のモチベーションが下がりつつあるんです。リアルな反応を撮るため、ロケでは実際に料理を完食してもらっているのですが、還暦間近の男性には大きな負担です。188cm・75cmのスリムな体型をキープすることにこだわる松重にとっては想像以上のダメージでしょう。しかも深夜ドラマなので制作費も格安。主演でも一本あたり30万円程度だと聞いています。最近は周囲に『完食できなくなったら降板する』と漏らしているそうです」(スポーツ紙デスク)

松重の食欲が維持されることを願うばかりだ。

「週刊現代」2022年7月2・9日号より

関連記事