提供:コーセー

1985年の発売以来、年齢や性別、国を問わず、幅広く愛されてきた“ジェンダーレス・エイジレス”なブランド「雪肌精」。そして、よりいっそう地球環境に配慮した商品設計とサステナブルな対応を強化した新シリーズ「雪肌精 クリアウェルネス」。肌も地球も美しくなることを目指す、クリーンビューティな「雪肌精」ブランドを紹介します。

植物の力ですべての人に透明感を

今、人々は化粧品になにを求めているのだろうか。まずは美しくなるための機能や効果を。そして気持ちよく使うための、パッケージデザインや香り、テクスチャー。加えて安全性が高く、環境負荷が少ないものを選びたい。そんな想いを持つ人が増えてきている。

社会貢献や地球環境保全への強い意識を持つコーセーは、看板商品である「雪肌精」ブランドを通して、「あなたが美しくなると、地球も美しくなる」というメッセージを伝えてきた。「雪肌精」は1985年の発売以来、年齢や性別、国を問わず、幅広く愛されてきたスキンケアブランドである。すっと角層まで浸透し、雪のような透明感あふれる肌に導くという確かな効果によって、37年ものロングセラーに。その効果を支えるのは、自然の恵みである和漢植物成分である。約100種類もの和漢植物から厳選したハトムギエキスやトウキエキス、メロスリアエキスなどを配合した“透明感レシピ”は、少しでも変えると肌の感触や浸透感※1が変わってしまうというとても繊細なもの。肌のうるおいバランスを調え、乾燥によるくすみや肌荒れ、ニキビを防ぎ、きめ細やかでみずみずしく、透明感のある肌に導く。

さらに2020年の秋には、よりいっそう地球環境に配慮した商品設計とサステナブルな対応を強化した新シリーズ「雪肌精 クリアウェルネス」も誕生。和漢植物に加え、植物・食物・大地など、地球が育んだ自然の力を探求して生み出した厳選植物成分“ITOWA”※2を配合。うるおいバリアの量と質を上げ、すべすべなめらかな透明素肌を叶える。

(左)薬用 雪肌精【医薬部外品】 和漢植物成分の処方やデザインが37年ほとんど変わらない、透明感ケアのロングセラー。2022年4月末時点で、累計出荷本数は6,543万本を突破。和漢植物エキスのうるおいで雪のような透明感あふれる肌に導く薬用化粧水。油分を微粒子化して均一に分散させる“点の処方”により、肌表面はさらさらなのに、内側からこみ上げるようなみずみずしさで満たす。(200ml)¥5500

(中央)雪肌精 クリアウェルネス ナチュラル ドリップ 透明感に関わる因子を解析し、「透明感方程式」を構築。梅果実エキスや加水分解イネ葉エキスといったクラリティブースト成分※4や独自成分ITOWAが、うるおいバリアの量と質を上げ、肌を健やかにすることで透明感あふれる肌を叶える。まろやかなタッチで心地よく浸透※1。毛穴の目立ちにくい、つるすべ肌へ。(200ml)¥3960 ※価格は編集部調べ

(右)雪肌精 クリアウェルネス ピュア コンク SS バリア機能が正常に機能しなくなる要因が日常生活にあることを突き止め、モイスチュアナビゲーション成分※3がうるおいのもとを肌の必要なところへと運ぶアプローチを可能に。厳選植物成分ITOWA※2がしっとりとしたやさしいタッチで広がり、うるおいバリアにアプローチ。肌あれを乾燥などの原因から防ぐ、敏感肌のための高保湿化粧水。(200ml)¥3740 ※価格は編集部調べ

そんな「雪肌精 クリアウェルネス」のボトルは、地球をめぐる水の雫をモチーフとした、有機的な曲線が美しいデザインである。外装にはリサイクル可能な段ボール素材の箱やバイオマスPETを採用し、石油由来原料の使用量を減らすことで、プラスチック廃棄問題や二酸化炭素排出量の抑制に貢献しているのも特長だ。使い終わった化粧品のプラスチック容器を回収するプログラム「SEKKISEI Earth Beauty Program」も実施。コンセプトストア〈Maison KOSÉ〉のほか、全国のイオンとイオンスタイル33店舗のコーセーコーナーに回収ボックスを設置している。

自然の恵みを与えてくれる地球への恩返しのために、海と山の環境保全と、その啓蒙活動に取り組む「SAVE the BLUE」プロジェクトは、もう14年目となる。サンゴ礁は温暖化の原因となる二酸化炭素を吸収し、海の生物の豊かな生態系を保全するためにとても大切な存在であるが、温暖化による白化現象やオニヒトデの大量発生などが原因で減少している。そこで養殖サンゴの移植放流活動を行う〈Sea Seed〉の金城浩二さんの協力のもと、2009年より沖縄のサンゴの森の育成活動に取り組んでいるのだ。

ちなみに、全国から回収したプラスチック容器は、その回収量に応じてポイントに変換され、各回収店舗へ還元される。そのポイントは〈Sea Seed〉へサンゴ育成活動費用として寄付されるという仕組みだ。2011年からは中国・台湾・香港など9つの国と地域においても各エリアの独自性を活かし、多様な「SAVE the BLUE」プロジェクトをグローバルに展開している。また、今年度より中国の免税店売上の一部を海南島の海を守る環境保護活動費として、海南省政府に寄附する支援活動を開始する。

長年、サステナビリティ推進活動に取り組んできたコーセーだからこそ、できることがある。「雪肌精」はこれからも「肌と地球を10年先まで美しく」をテーマに、地球の恵みから美しさをいただき、そのために豊かな地球の美しさを守る活動に取り組んでいく。

ボトルや箱も環境にやさしく

「雪肌精 クリアウェルネス」は、プラスチックの使用量を低減させるために、フィルム状の商品外装のティアテープ包装を廃止し、詰め替え・付け替え用のレフィルタイプも用意。CO₂排出低減を考慮して、ボトルはラベルレス&プリントレスとなっている。パッケージに印字するインキは、生分解されやすく、環境負荷の少ないバイオマスインキを使用。さらに外箱には、日本でのリサイクル率が90%以上と言われている段ボール素材を採用している。使用済みのスキンケアアイテムのプラスチック容器(レフィルも含む)を持参し、オリジナルの回収ボックスに入れるとリサイクルされるという回収プログラム「SEKKISEI Earth Beauty Program」も実施。

つくり方にも、透明感を

コーセーのマザー工場であるコーセー群馬工場(群馬県伊勢崎市)では、2021年1月より、購入しているすべての電力を再生可能エネルギーへ切り替えた。これは、2030年度までに温室効果ガス排出量を35%削減(2018年度比SCOPE1+2)するという目標値の実現に向けたもの。また配合成分は、沖縄のゲットウ葉エキスや新潟のシャクヤク花エキス、秋田のコメヌカエキス、沖縄のヤエヤマアオキ果汁など、児童就労や労働搾取の心配がなく、安全性の高い国産にこだわっている。「雪肌精 クリアウェルネス ピュア コンクSS」に関しては、エチルアルコールフリー、パラベン(防腐剤)フリー、鉱物油フリー、無香料、無着色という5つのフリー処方で、敏感肌にもやさしい。生産段階から透明感を大切にした、クリーンビューティなブランドなのだ。

長年取り組む「SAVE the BLUE」プロジェクト

7月1日~8月31日までのキャンペーン期間中に対象商品を購入すると、その商品の底面積分の養殖サンゴが沖縄の海に移植・放流される。これまでにサンゴは総面積115,335,929cm²に移植された。サンゴの移植はまだ確立されておらず、たくさんの協力が必要な状況ではあるが、無事に育ったサンゴの森には目に見えて魚が増えてきているとか。高水温でも白化しないという耐性を持つスーパーサンゴも登場した。


【お問い合わせ】
コーセー


※1 角層まで
※2 ITOWAはゲットウ葉エキス・シャクヤク花エキス・ノニ果汁[ヤエヤマアオキ果汁]・グリセリン(保湿)
※3 モイスチュアナビゲーション成分はコメヌカエキス・チャ葉エキス・グリセリン(保湿)
※4 クラリティブースト成分はウメ果汁エキス・加水分解イネ葉エキス・グリセリン(保湿)


●情報は、FRaU2022年8月号発売時点のものです。
Photo:Norio Kidera(商品カット) Text & Edit:Shiori Fujii