2022.07.15
# マンガ

葬儀を舞台に「壮大なドッキリ」で仕返しをする異色作…“誰も死なない”復讐マンガ『葬偽人』

人気の「復讐」をテーマにした異色の作品

ネットフリックスで人気を誇った「梨泰院クラス」は7月から日本リメイク版「六本木クラス」がスタート。自殺した夫の勤務先にプログラマーとして潜入、夫の死の真相に迫り、追い詰めた同僚たちに復讐を遂げようとするストーリーの人気マンガ『復讐の未亡人』も、やはり今月からテレビ東京でドラマ化されている。

いま「復讐」をテーマにした物語に熱い注目が注がれているのだ。

もっとも「復讐」モノはストーリーの展開上、凄惨な仕返しの描写を伴うこともあるので、それが苦手だという人もいるかもしれない。

そんな中「誰も死なない復讐マンガ」として、まんが王国総合ランキング月間1位も獲得、ウェブ上で人気を集めている作品がある。

朝野いずみ原作、八橋舞雪作画の『葬偽人』だ。

*マネー現代では、『葬偽人』1話から3話まで期間限定で公開中。インタビュー本文と合わせてご覧ください。

『葬偽人』無料試し読み公開中
第1話はこちらから
第2話はこちらから
第3話はこちらから
*この試し読みは予告なく終了する場合がございます。ご容赦ください

入社して数カ月の会社で陰湿で凄惨な“イジメ”を受け、しかもそのすべてを仕組んだのは親友だと思っていた同僚。絶望の中、自ら死を選ぼうとした田乃中雀だったが、うまくいかずに、ネットで見つけた「楽しく死んでみたい人募集」のサイトに惹かれてメールする。

しかし、雀が連絡をとった相手は『偽のお葬式』で依頼人の抱えたトラブルや悩みを解決する、超ハイスペックなプロ集団だった……。

 

元詐欺師、元マジシャン、元葬儀屋が繰り出す“ダマし”の技の数々が光る、新感覚の復讐ストーリーである本作。

今回、その誕生のきっかけや、キャラクターの秘密、読みどころなどを聞こうと、原作者の朝野いずみ先生、作画の八橋舞雪先生にインタビューを行った。

SPONSORED