2022.07.05

【最新版】役所がわざわざ教えてくれない「年金・補助金・給付金」がもらえる20の手続き

117万人が忘れている年金

若い頃は、定年したら年金をもっともらえると思っていた。でもこのご時世、贅沢は言えない。妻も不安がっているが、仕方ない……。

預金残高を眺めては、そうため息をついている人も多いことだろう。だがこの国には、簡単な手続きをするだけで「もらえる」「取り戻せる」おカネが実はたくさんある。難しそう、面倒臭そう……そんなイメージばかり先行し、みんな気づいていないだけなのだ。

「たとえば年金制度の『3階』部分にあたる企業年金は、もらい忘れている人が全国で約117万人いると言われます。特に転職を経験した人は、勤めていた会社が手続きを放置していたり、住所を把握しておらず、申請書が届かないことも少なくありません」(社会保険労務士の佐藤敦規氏)

Photo by iStock
 

金額は企業によって異なるが、平均値で言えば、企業年金と厚生年金を両方受給する人は厚生年金だけの人より生涯で596万円も多く年金を受け取る。少しでも心当たりがあるなら、必ず企業年金連合会(電話0570-02-2666)に連絡して、本来受け取れる年金を取り戻そう。

SPONSORED