2022.07.01
# エンタメ

朝ドラ『ちむどんどん』ついに主人公が「不人気キャラ」払拭へ…唐突な「恋愛モード」が意味するものとは?

朝ドラ史上屈指の「イライラ」主人公

6月の終わりともに、朝ドラ『ちむどんどん』(NHK)の放送が折り返し地点に突入する。

ここまでの物語は、沖縄本島のやんばる地域で生まれたヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜、幼少期は稲垣来泉)が10歳のときからスタート。父・賢三(大森南朋)が借金を残したまま急逝したことで貧困にあえぎ、母・優子(仲間由紀恵)、兄・賢秀(竜星涼)、姉・良子(川口春奈)、妹・歌子(上白石萌歌)と離ればなれになる危機を乗り越えて料理人となる夢を見つけ、上京して銀座のイタリアンレストラン「アッラ・フォンターナ」で修行を積む様子が描かれている。

NHK公式サイトより
 

タイトルの「ちむどんどん」は、主に「胸がドキドキする」という意味の沖縄言葉。しかし、ここまで視聴者は「ドキドキする」というより、「イライラさせられる」ようなシーンが相次ぎ、ネット上にはヒロインや脚本を批判する声が相次いでいる。

たとえば、暢子が店に入ったばかりのころ、オーナーの大城房子(原田美枝子)に「自分で料理もしないのに偉そうです。みんな、そう思っています」などと仲間を巻き込んだ暴言を吐く。あるいは、勝手に店の料理にアレンジを加えてしまい、常連客の不興を買ってしまう。

それ以前にも、調理場で働いているのに髪を束ねない様子に「不潔」。ことあるごとに「まさかやー」と大声を発するなどの言動に「暢子が“ちむどんどん”嫌いになっていく」というダジャレもツイートされるなど、朝ドラの主人公とは思えないほど視聴者から嫌われていた。検索サイトに「ちむどんどん 暢子」と入力すると「わがまま」、「暢子」と入力すると「イライラ」という予測変換ワードが表示されることからもそれがわかるだろう。

制作サイドは主演のキャスティングにあたってオーディションを行わず、「ヒロインは黒島結菜以外、考えられなかった」というほどほれ込んで起用している。それにもかかわらず、黒島の魅力を生かす脚本・演出をここまでは見せられていない。

SPONSORED